なごみグループ

なごみBlog

HOME / なごみBlog / 2008年01月

なごみ日記 はじめまして

2008年01月29日(火) 16:40

1月半ばからなごみグループで働くことになり今回初めてブログ参加となりました
大阪事務所のTです。よろしくお願いします。
転職をし事務職は今回が初めてなのでFAXや郵送事務など何から何までが初めての
ことばかりです。 なので、しばらく慣れるまで皆さんには色々とお手数をおかけすると思いますが
ごめんなさい。よろしくお願いします。

ここに来てにての印象は、皆さん明るく親切。馴染みやすい雰囲気で事務職初心者の私には有難い限りです(^_^)  そしてここに来て発見したことが一つ! 自分はこまごました仕事が好きなんだな〜と。
29才にして初めての気付きでした。 なので何か私にできそうなことがありましたら声をかけてください。

早く一人前の総務・経理職になれるようがんばりまーす!! !(^^)!     

なごみくんの一生 なごみくんの一生 第20話 宝くじ当選

2008年01月25日(金) 18:38

マサハルは宝くじ売り場にいた。
今朝方、夢にえみこがあらわれたのだ。
そして一目惚れしたときと変わらない女神の微笑でマサハルに囁いた。
『マサハル、宝くじを買ってごらんなさい』
というわけで、マサハルは宝くじ売り場にやってきた。
「はい、どれにしますかー?」「バラで10枚!」「はい、こちらからお選びくださいー」
売り場のおねえさんが差しだす封筒、どれにしようか迷っているとふと数字が目についた。
組番が753……なごみ…マサハルはその封筒を選んだ。


数ヵ月後。すっかり宝くじの存在を忘れていたマサハルの夢に、またしてもえみこがあらわれた。
『宝くじの当選番号、チェックしたん?!』
オニのような形相だった。
飛び起きたマサハルはすぐさま当選番号をチェックした。
えみこは本当に女神かもしれない…。
組番753が見事当選!マサハルは億万長者になっていた。
宝くじの当選金は非課税のはずや…てことは、これはすべてオレの金?!」
マサハルは飛びあがって喜び、喜びすぎてスッ転んで両ヒザを強打した。


当選金を受けとった夜。
「マサハルさん、あのドンペリとジョッキビールが飲みたーい」
「hitomiちゃんは酒好きやなー!にいちゃん、ドンペリとビール!めんどくさいからサーバーで!」
「じゃあー、じゃあー、kaoriは○○のバッグが欲しいなー!」
「よっしゃ、kaoriちゃんはカバンやなー!asakoちゃんはなにがえぇんやー?!」
「いいんですか?じゃあ、私はマンションを一部屋お願いします」
「サラッとすごいこと言うたな!でも任せとけー!」
連日連夜のお祭り騒ぎ。
しかしマサハルは浪費しているだけではなかった。
これまでの経験を元に本を書いたのだ。
出版社に持ち込むと山あり谷ありアダチローンありの人生がウケたのか、即出版。
大ヒットとまではいかないが売上は順調に確保し、マサハルは印税生活を謳歌することになった。


宝くじの税金
宝くじ高額当選した場合、個人が受け取る当選金には税金をかけないことになっています。宝くじの法律「当せん金付証票法」の第13条によると、「当選金付証票の当選金品については、所得税を課さない」とあり、これは免税でなく、非課税扱いになっています。たとえ、3億円当選したとしても、確定申告の必要はありません。
また、宝くじには「当選証明書」というものがあります。当選金を頭金にして、マイホームを建てる、事業を始める、という様な場合そのお金の出所について税務署から問い合わせがあることがあります。「当選証明書」はそのような時、お金の出所について証明してくれるものです。当選金を支払った受託銀行の本・支店では、当選者からの申し出があれば「当選証明書」を発行してくれます。


本の印税
印税とは、印紙税から来ていると言われ、著作権者が著作権使用料として出版社から発行部数見合いで受け取る金銭のことをいいいます。
本の場合、初版発行部数分の印税を受け取り、増刷するごとに増刷分の印税を出版権を許諾した出版社から受け取ることになります。印税率として決まったものがあるわけではありませんが、だいたい10%ぐらいと言われているようです。

なごみ日記 妹の結婚式。

2008年01月24日(木) 10:06

先週、妹の結婚式で久々に帰省しました。

兄妹初の結婚式!

しかし式前日、父と花嫁が大喧嘩。

三つ指ついて「今まで育てていただいて・・・」

なんて言葉が聞かれるどころか、父が出席するなら行かない!などと夜中まですったもんだでした。

原因は、妊婦である妹のイライラと、父が自分の結婚式と勘違いしていた為です。

出たがりな父は、最後の両家挨拶を自分にさせろと脅迫し、他様々なところで自分の意向を取り入れていました( ̄〜 ̄;)

妹の様子をみて、「明日はもう無理かも・・」なんて思っていたのですが、翌日ダウンしたのはなぜか私でした。

原因不明の胃痛で立ち上がれなくなり、朝から病院に運ばれ注射と点滴(″ロ゛)

針が体内に入ってるということだけで更に気分が悪くなったものです・・・。


結局、式になんとか途中参加、顔も洗わずすっぴんで振袖を着て、両親に脇を抱えられながら移動しておりましたヨ。


妹はものすごく元気で、私が全部引き受けたからだ!と思ってます。

しかし、やっぱりというかなんというか。
うちの地元の人たちは祭り好きです。

来ていただいた人数もさることながら乾杯後、そのまま席に座る事無く挨拶回り。

花嫁の衣装直しの入退場も、友人のスピーチも、出し物も、ケーキ入刀も素無視でした(°°;))。。
いや、みんな少しは見てあげようよ・・・・。
騒がしかった〜。

義弟君側の親族に
「今日から親戚やね〜」
と言われてジ〜ンとしてしまいました。
こうやって家族という和が広がっていくのですね。

まぁでも、絶対に私は結婚式はしないな。と再び心に思いました。


なごみくんの一生 なごみ君の一生 第19話 自己破産

2008年01月18日(金) 18:39

なごみ君の一生 第19話 自己破産

えみこと離婚した後のマサハルの生活は荒れ、毎晩呑んでばかりだった。
少しずつ酒の量が増えていき、昼間からも浴びるように呑むようになっていった。
そして、酒代が払えなくなってくると、ギャンブルにも手を出すようになっていった。
マサハルは、ギャンブルの怖さを知らない。負ければ負ける程、「勝って金を取り返したい」といういう欲が湧いてきた。それで勝てればいいのだが、そうはいかない。マサハルはどんどんとのめり込んでいき、お金をすべて使い切ってしまった。

「ちくしょう!!このままじゃいけねぇ・・・」例年より少し気温の低かったらしい日の夕暮れ時に、おぼつかない足取りでマサハルは街へ出た。
しばらく歩くと、隣り街のデパートの屋上まで来ていた。
途中のコンビニで買ったワンカップを片手に、ベンチに腰掛け、一口飲んだ。とたんに、えみこと子供の顔が脳裏に浮かんできて、涙が溢れ出した。涙が止まらなくなって、たくさん泣いた。しかし、あまりに泣きすぎて、今度は笑いが止まらなくなった。
「俺の人生は波瀾万丈!落ちるところまで落ちてみようじゃあないか!ハハハ!」マサハルは立ち上がり、ワンカップを一気に飲み干し、再び街に出た。

アトム、セコム、、、いや、違う、、、ニョロミス、レ○ク、、、マサハルの耳元で囁くナニモノか。マサハルの目に映るネオンも今日は趣を異にしているようだ。
不自然なほどに軽い足取りで街を歩くマサハルはふと一つのネオンに誘い込まれた。
そこには『安くて安心アダチローン(無人)』と書いてあったが、中へ入ると女性の声のアナウンスにより「奥のお部屋でお待ち下さい」と促された。どこかで聞き覚えのあるようなその女性の声に従い、マサハルはそっと扉を開けた。

・・・・そこからの記憶はないが、気がつくと手に大量の札束を抱えて自宅の風呂桶にいた。札束を数えてみると、なんと3,000万円もあり、マサハルは驚嘆した。
そう、マサハルは消費者金融で一度に3,000万円も手続き(借り入れ)をしてしまっていたのだ。

「なんてことだ!大変なことをしてしまった•••!」最初は愕然としたが、しだいに冷静さを失ってしまったマサハルは、全額で『タカマツブライアン』という名の馬券を購入し、すべて擦ってしまった。
「しまった・・・・やっぱり『スーパーヒサシクン』にしておけばよかった・・・。」

がっくりと肩を落とし、帰宅するとすぐに電話が鳴った。それは友人おがわからの電話だった。
「ついにオレも倒産してしまったぜ。ツージ株式会社の貸し倒れせいさ。悪いが、オレはしばらく身を隠すから、お前が変わりに借金を返済しておいてくれ。落ち着いたら連絡するぜ。そしたら全額オレが返すから。オレを信じてくれ。オレのプー。」そういって電話は切れてしまった・・・。

数ヶ月後、借金を返済できないマサハルは、自己破産することになり、財産もすべて差し押さえられ、競売にかけられた。

用語解説

競売とは

不動産競売とは、債権者(銀行等)に担保提供した不動産につき、その債務の返済が受けられなくなったときや相続による相続物件の財産分割を為すにあたり裁判所に申立て、物件を売ってもらい、その売却代金から、債権者が支払いを受けたり、又相続人が代金分割を受ける制度を言います。一般の売買と違い、国が強制的に処分をおこなうという性質があり、不動産の売買を裁判官、書記官、執行官が行います。

借入とは

一般的に銀行から借入をおこなう時は証書貸付という形式なります。
  証書貸付とは、お金を借りるときに「金銭消費貸借契約書」という書類に借入金額、金利、期間、返済方法などを記入し、会社の署名判・実印を押し、連帯保証人の署名・捺印をした上で銀行に差し入れると、お金を借りることができるというものです。

貸倒とは

貸倒とは会社が持っている債権が回収できなくなる事をいいます。
その際の税務上の取り扱いには十分な注意が必要です。単に回収不能になったからといってすぐに貸倒損失にするという事はできません。
税務上認められるためには以下の3つのどれかに該当しなければなりません。

)[Ь紊梁濺

これは、会社更生法や民事再生法又は整理計画の決定・債権者集会の協議決定などで切り捨てられることとなった金額

∋実上の貸倒
金銭債権についてその全額が回収できないと明らかになった時(担保物があるときは、その処分をした後でなければできません。)

7措鮎紊梁濺
  取引停止後以後当期末までに1年以上経過した時は、備忘価額を1円付して残額を貸倒処理ができます。
 遠隔地の取立て
 同一地域の売掛債権の総額が、その取立費用に満たない場合で支払を催促しても弁済がない場合


 スノーボードへ行こう

2008年01月17日(木) 22:11

今事務所のメンバーでスノボーをしにいく計画を立てています。

毎年行こうという話しにはなるのですが実行には一度もうつせていません。今年はかなり参加者がいそうなので本当にいけそうで楽しみです。

事務所で今シーズンすでに3回も行っているI氏が「僕の方が50倍はうまいっすよ」と言っているのですが、I氏のこれまでの発言で本当にうまかった事はありません。

僕自身3、4年ぶりに行くので全然すべれなくなっているのではないかと思います。

行きたい方がいらっしゃったら是非声をかけて下さい!!

みんなで楽しんでいきましょう☆

なごみ日記 甥の誕生日

2008年01月15日(火) 00:02

今月、甥が3歳の誕生日を迎えます。
 
甥は日ごろから食欲旺盛なせいか、体格は同じ年の子より若干大きめです。
 
うちの息子も3歳なのですが、二人揃うたびに
「おっぱっぴー♪」やら
「ちょっと、ちょっとちょっと!」やら
「どんだけ〜♪」やら、
張り切って披露してくれます。
将来はぜひ第二の「なすなかにし」を目指して欲しい。
 
その甥に誕生日のプレゼントは何がいいか聞いてみました。
やっぱり男の子らしく、「電車とか車のおもちゃがいい」とのこと。
「おもちゃじゃなかったら、何がいい?」と聞くと
「肉!!」と即答でした。
 
甥はこれからもますます大きく育ってくれることでしょう。
みっちん、おばちゃんはうれしいよ!!

なごみ日記 ゴルフ大会 第二回

2008年01月11日(金) 20:32

なごみグループのゴルフクラブ「Turf」の第二回大会が、開催されました。


なんと12月31日の大晦日にです。


私も嫁を説得してなんとか参加させてもらえました。


メンバーは前回とまったく同じ4人です・・。


なごみのみなさん!ご参加待ってますよー(笑)


まだ二回目ということもあり、またまたショートコース。

この日のためにI氏が猛練習をしてきたということでした。


I氏がいうには、「Tさんの20倍はうまくなった!」とのこと。


前回最下位だったI氏が言うことなので、気持ち半分で聞いていたのですが、


すごい自信なので少し怖いものがありました。

当日は、風も強く、ものすごく寒かったです。

私が車でT氏とI氏を迎えにいき、先生とはコースで待ち合わせです。

まずT氏とコンビニで待ち合わせ。ここで第一の笑い。


T氏のズボンが小さすぎて、パンパンじゃないですか!


ジーンズでのプレーはダメなので他のズボンを探したみたいなのですが、


朝起きてから時間がなく、タンスの奥底から引っ張り出してきて無理矢理詰めこんだらしいのです。


始め、今流行りのスキニーかと思ったのですが、そんなレベルではないのです。


今にも太ももの部分が裂けそうでした。

200712311006000.jpg

これでゴルフができるのか・・・。

次に、釣り人のような風貌のI氏を拾って、コースに着きました。

いざ始めようとしたのですが、非常に寒い!!


結構着込んできていたのでよかったと思いながらふと隣を見ると、


T氏は例のズボンにシャツ一枚で震えているじゃないですか!!!


さすがにそれは無理だろうということになり、I氏がダウンを貸してあげました。

寒さと風の中のスタートです。


久々ということもあり、感覚を取り戻しつつのラウンドでした。

何ホールかまわったあとに、「邪魔やわー。邪魔やわー。」をいう声がやたら聞こえてきました。


何だろうと見てみると、T氏が、ダウンを小脇にかかえながら走り回り、ボールを打つたびに地面に置く、その繰り返しでした。途中で暑くなったみたいで、ダウンはドロドロになっていました・・。

200712311023000.jpg

気にしないことにしてまわっていると、「ズザザザーーーーーー!!」。


振り返ると、


なんと、コース脇にボールを拾いにいった先生がそのまま滑り落ちていったのです!


I氏の救助でなんとか登ってこれたのですが、ズボンはドロドロになってしまいました。


そこで一言。「E先生に怒られるわー!」 (笑)


そんなお茶目な先生はみんなに好かれています。

200712311024000.jpg

前回はI氏が高速でこけたので、次回は私の番かも。こんな面白いこけかたができるのかが心配です。

今回もずっとこんな感じで回っていました。


で、肝心の成績ですが、一位はもちろん先生。

すごかったのは二位に食い込んだT氏。パーを連発していました。


あのズボンでです。ダウンを小脇にかかえながらです。


パーを獲ったときは、お決まりのマリオのジャンプも出ました。

200712311036000.jpg

私は三位に終わってしまいました。

大口をたたいていたI氏は特定席です。でもI氏はまだゴルフを初めて間もないので、


今回はすごい上達だったと思います。次くらいに抜かれるかも。

第三回はロングコースを回れるかもです。


O畑さん、O本さん、参加待っていますよ!

200712311104000.jpg


image001.jpg


なごみ日記 芽生え

2008年01月09日(水) 11:37

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

去年の終わりごろからやっと受け入れたことは・・・・
  はぁ〜、人生、やっぱり長いか、ということ

今までは、過去よりも今の方がずっと素敵!と思えるぐらいの微々たる努力をしてきただけで、将来の夢としては、人として女性として凛と生きていくことぐらいでした。
でも、人生長いということを受け入れた今、もっと具体的な目標をもたなきゃなぁという気持ちが初めて芽生えました。


例えば、将来ニューヨークで働きたい、という目標があれば、今現在からニューヨークで生活する能力を身につける努力をしなければなりません。英語を勉強し、文化を学び、お金を貯めなければいけません。


目標は・・・持つとそれを叶える為に今の人生を自縄自縛しない程度に縛ることを伴うという認識がありますが、それが楽しいにしろ、辛いにしろ努力しなければなりません。

        
そう、努力をしなければ叶いません。
もっと言えば、目標自体を持たなければ何も現実にならないということです。
みなさんは、知ってましたか?
私、そんな当たり前のことに初めて気づきました。ちょっと驚愕です。


今年は夢探しの芽生えの一年です。

邯鄲の夢 邯鄲の夢

2008年01月08日(火) 15:20

新年明けましておめでとうございます。昨日UPしたつもりだったができていなかったので新年早々1日遅れとなってしまったが、本年も当「邯鄲の夢」のご愛読をお願い申し上げる。


さて、西暦では2008年の今年は干支(えと)で言うと『子』年である。これは十二支の始まりの年だ。『漢書』律暦志によると「子」は「孳」(し:「ふえる」の意味)で、新しい生命が種子の中に萌(きざ)し始める状態を表しているとされる(Wikipediaより)。


ちなみにこの十二支だが、もとは古代中国(「殷」紀元前1600年頃〜紀元前1046年か)の天文学で天球の動きを表す方法の1つであって動物は関係なかった。その天球とは、地球から見える全ての天体がその上を運行していると仮定した球面のことだ。今風に言えばプラネタリウムと思えばよい。その天球を木星が12年(実際は11.862年)かけて動くことから、木星の動きを捉えることでその年の天体の動きを捉えることができた(実際は木星の動きが数え方と正反対なため仮想の星を記録したらしい)。そうやって12分割した1つ1つを『辰』と呼び、それぞれの「辰の呼び方」に十二支が充てられた。


本格的には更にややこしくなるのだがそれはさておき、この星の運行の呼び方が年の呼び方になり、月や日の呼び方になった。ただ、これは少し難しかったのか民衆に浸透しなかったようだ。そこで、後漢時代に王充という人物が覚えやすいように馴染み深い動物に例えたのではないかと言われている。


十二支という話になると言われるのが『なぜこの12種類になったのか』ということである。説話はいろいろとあるが良く聞くのは「神様が新年の挨拶で1番から12番までにきた者に1年ずつそれぞれ動物の大将にしてやろう」というものだ。そして「鼠」は夜から出かけた「牛」の背中に乗って到着直前に飛び降りて1番になったというものと、「猫」は鼠にいつ行けばいいのか聞いて嘘をつかれ間に合わず、選ばれなかった恨みがあるので追いかけるようになったというものだ。これは十二支があるほとんどの国で伝わる説話だそうだ。もしかすれば王充がより浸透するように一緒に作ったのかもしれない。


さて、始まりを象徴する子年の今年は何か新しいことを始めるには良い年なのかもしれない。年男でもあるのでいつもよりは少し大きな目標を持って取り組んでみようかと思う。来年ここで良い一年だったと報告できれば幸せである。

なごみくんの一生 第18話 離婚

2008年01月07日(月) 14:30

最近、恵美子はマサハルの様子が変なことが気になっていた。
毎日のように夜遅くまで帰ってこないことは同じだったが、帰ってくるなりすぐに寝てしまったり、急に怒り出したり・・夫婦の会話がまったく無くなってしまっていたのだ。
「なにかあったの?」と聞いても「何でもない。」と答えるばかり。
とても心配した恵美子は、結婚前から親交のあるおがわに電話をしてみることにした。


「もしもし、おがわさん?最近マサハルの様子がおかしいんだけど、何か聞いてない?」
「・・・・。」
「何か知っているのね!どんなことでもいいから教えてちょうだい。」


恵美子は、おがわからこれまでのいきさつをすべて聞いて、愕然として目の前が真っ暗になった。
今までマサハルが借入金1億円の保証人になっていたこと、マサハルの商品を卸しているツージー株式会社が破綻してしまった影響で、おがわの工場が連鎖倒産をしてしまいそうだということ、おがわの借入金の弁済が不能となり、その借入金の残り9千万円をマサハルが保証人として弁済しなければならないこと・・・。


その日の晩、神妙な面持ちをしたマサハルは片手に離婚届を持って現れた。
マサハル:「恵美子、ごめん。これ以上恵美子に迷惑はかけられない。離婚しよう。」
恵美子 :「何をいってるの!あのとき一生大事にするって言ったじゃない!」
マサハル:「本当にすまない。恵美子を大事にするためには別れるしかないんだ。
     …わ、わかってくれ…。」
恵美子 :「マサハル…二人でいつかあの子に会いに行こうって言ってたのに…。」
マサハル:「恵美子…必ず迎えに行くから、それまでオレを信じて待っていてくれ。」


そして二人は離婚することとなり、マサハルはこれまで住んでいたマンションと現金1,000万円を財産分与として、現金500万円を慰謝料として渡すことにした。また、サラリーマン時代から厚生年金に加入していたので、年金分割の手続をした。


「これまで、私はマサハルに頼ってばかりだったけど、これからは自分で歩いていかなきゃ。」
恵美子は、財産分与として得た1,000万円を元手に小さなアクセサリーショップを立ち上げた。そして数年後、カリスマジュエリーデザイナーとして名前が知れ渡ることになる。



離婚時の年金分割

平成19年4月1日以降に離婚する場合、夫婦が結婚していた期間分の夫と妻それぞれの厚生年金の合計額について、2分の1を上限として2人で分割することができるようになりました。分割割合は、夫婦間で協議して決定します。
 ただし、年金分割の効果は厚生年金や共済年金の報酬比例部分(いわゆる「2階部分」)に限られ、「1階部分」である基礎年金等や「3階部分」である厚生年金基金の上乗せ給付や確定給付企業年金等の給付は分割されません。また、原則として離婚をした日の翌日から2年以内に年金分割の請求をする必要があります。
(対象)
平成19年4月以後に離婚する夫婦。ただし、老齢厚生年金を受給するには、本人の年金加入期間(分割を受けた期間を除く)が、原則25年以上必要です。なお、事実上の婚姻関係にある人も対象になりますが、その場合、分割の対象になるのは、被扶養配偶者として国民年金の第3号被保険者と認定されていた期間に限られます。


慰謝料
慰謝料は、損害賠償金またはそれに類するもので心身に加えられた損害などに起因して取得されるものとして所得税法では非課税とされています。但し、その金額が慰謝料として社会通念上妥当な金額を超えていれば、その超えた部分の金額は贈与とみなされて贈与税の対象となる場合もあります。
慰謝料を支払う側も金銭で支払う場合は問題はありませんが、土地や建物を処分して慰謝料を支払う場合には支払う側に譲渡所得の税負担がかかることになります。


財産分与
財産分与の額が、夫婦が協力して得た婚姻中の財産の額や社会的地位からして、夫婦共有財産の清算として相当な額であれば、贈与税は一切かかりません。
現金以外の物で分与する場合には、譲渡所得税という税金がかかります。不動産等を財産分与した場合、所得税法にいう資産の譲渡に当たるとして、譲渡所得税がかかる場合があります。


カテゴリー

月ごとに読む

過去のエントリー


101dog_weblog_2008_01_index