なごみグループ

なごみBlog

HOME / なごみBlog / 2018年03月

NEWS 101 2025年問題とダブルケア

2018年03月30日(金) 10:27

 2020年の東京オリンピックと並び「2025年問題」という言葉がメディアを賑わすようになってきました。これは2025年(厳密に言えば2024年)に団塊世代の人たちが全員75歳以上になり、それと同時に国民の3人に1人が65歳以上、6人に1人が75歳以上となる年を示します。高齢者の増加により、認知症患者の増加や社会保障費の膨張、高齢者向け住宅の確保など様々な問題が発生することが予想されます。

 他方で晩婚・晩産について、2016年の第一子出生時の母の平均年齢は30.7歳となっており、第二子以降の誕生も考えれば、「50代で子育て中」という人は増える傾向にあります。
そのような時代を迎えるにあたり、雇用環境に大きな影響を及ぼすであろう問題が「ダブルケア」です。

 ダブルケアとは、育児が一段落する前に年老いた親が要介護状態となり、育児と介護を同時に行わざるを得ない状況を言います。

 内閣府の調べでは、ダブルケアをしている男性は8万5,400人、女性は16万2900人に上るといいます(内閣府「育児と介護のダブルケアの実態に関する調査(2016年))。
 各企業はこのような現状を踏まえ、5年後には間違いなく身近な問題となる「ダブルケア」に備えて、社内規則の整備や人材確保戦略の立案、従業員の貢献意欲向上施策等に先の一手を打っておきたいものです。

なごみ日記 万博鉄道まつり2018

2018年03月28日(水) 10:07

先週、万博記念公園で開催された「万博鉄道まつり2018」に行ってきました。
関西圏だけではなく日本全国の鉄道会社のブースが出ていて、グッズ販売やPRで賑やかでした。
もうすっかり春の陽気で、公園内の桜も半分ぐらい開いていました。


息子のお目当てはミニ阪急電車とSLの乗車でしたが、いずれも並ぶと時間が無さそうだったので
やむなくSLを断念、阪急電車一本に絞りました。
整理券発行の列に並んだ後、指定された時間内に乗車の列に並ぶという二段待ちの末、
1時間半ぐらい掛けてやっと乗車。一人で乗ることに不思議そうな顔をしていましたが、
電車が動き始めると満足して乗っていました。
他にも制服を着せてもらっての記念撮影、広場でのふわふわ滑り台などを楽しみました。


ちなみに昨秋産まれた娘は実家でお留守番。
5か月になり、しきりに手足をバタつかせて寝返りトライ中です。
息子は来月から幼稚園。子供の成長は早いです。


T.H

なごみ日記 卒園

2018年03月20日(火) 08:42

今週末は、息子が4年間通った保育園の卒園式です。
うちの代表は昔から「保育園には足を向けて寝れない」と言っていましたが、今になって心からそう思います。
土曜も含め1日約10時間の保育生活、親よりも園で過ごした時間の方が圧倒的に長い環境でした。
幼稚園ママと比べて複雑な気持ちになることもありましたが、保育園の先生とお友達のおかげで何だかんだと大きく成長してくれました。

保育園すごい。
職業柄、保育士の先生の長時間勤務がいつも気になるのですが、労働環境を理由に辞めないでもらいたいなと思います。

n

なごみ日記 なごみの委員会活動

2018年03月06日(火) 18:23

なごみグループには委員会活動があり、正社員もアシスタントも全員が参加して、企画・実行したり、参加したりします。

最近ではお花見、秋の大運動会、各種スポーツ体験、ボウリング大会、家族参加型職場見学会&BBQ(なごみフェスティバル)、忘年会、きずな新聞の発行、IT研修、メンタルヘルス研修、健康弁当、季節のお菓子など数多くの楽しいイベントが実施されました。

これまで全6つの委員会がありましたが、4月から更なる内容の充実と親和を図ることを目的として以下4つの委員会に統合することになりました。


・親睦委員会:親睦イベント、健康増進イベントの実施

・なごフェス実行委員会:なごみフェスティバルの開催

・広報委員会:きずな新聞の発行、新入社員のHP登録など

・環境向上委員会:職場改善活動の推進、研修の実施、風流美化など


 本日3月6日、4月以降に所属する委員会が決まり、春からどんなイベントが開催されるのか、今からとても楽しみです。

S.T


カテゴリー

月ごとに読む

過去のエントリー


101dog_weblog_2018_03_index