なごみグループ

なごみBlog

HOME / なごみBlog / 2015年09月

なごみ日記 なごみセミナーのご参加、誠にありがとうございました。

2015年09月29日(火) 15:02

9月28日に開催いたしました、なごみグループ主催セミナー
『企業が準備すべきマイナンバー対策最終チェック』は、
企業の経営者様をはじめ人事担当者様まで、
多くの方々にご参加いただき、心から御礼申し上げます。


新人の私は、初めての自社開催セミナーに少々戸惑いながらも
「セミナーを成功させる!」という強い気持ちを持って会場へ臨みました。


受付が始まると、自分が担当するお客様にセミナー会場でお会いする喜びと、
日頃の感謝の気持ちで胸がいっぱいになり、より一層今回のセミナーが
参加者にとって有意義なものになることを願う気持ちが強くなりました。


今回のセミナーは、マイナンバー制度の直前対策を提案する内容であるだけに、
参加者の意識高いご様子が見受けられました。
是非一人でも多くの方の仕入れた知識が、次なる情報発信につながれば幸いです。


また次回、自社セミナーの開催が決定しましたら
より多くの方々にお越しいただきたいと思っておりますので
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。   (K.D)

NEWS 101 改正労働者派遣法成立

2015年09月19日(土) 11:20

改正労働者派遣法が成立し、9月30日に早速施行されます。
  
以下、概要です。
  
1. 労働者派遣事業は許可制に一本化
 一般労働者派遣事業(許可制)と特定労働者派遣事業(届出製)の区分が廃止され、
 全ての派遣事業が許可制となります
   
2. 期間制限のルール変更
 すべての業務に対して、派遣期間に次の2種類の制限が適用されます
  一 派遣先事業単位の期間制限
     同一の派遣先の事業所に対し、派遣できる期間は、原則、3年が限度
     ※ 派遣可能期間を延長する場合、派遣先は、過半数労働組合等に対して
       意見を聞く必要があります
  二 派遣労働者個人単位の期間制限
     同一の派遣労働者を、派遣先の事業所における同一の組織単位(いわゆる「課」など)に対し
     派遣できる期間は、原則、3年が限度
 
3. 派遣元事業主に新たに課される内容
 ・雇用安定措置の実施
 ・キャリアアップ措置の実施
 ・均等待遇の推進
 ・派遣元管理台帳に記載する事項の追加
  
4. 派遣労働者と派遣先社員の均衡待遇の推進
 派遣先は、派遣労働者と派遣先社員の均衡待遇推進のため、各種の配慮義務が課され、
 具体的な行動を行う必要があります
  
5. 派遣労働者のキャリアアップ支援
 派遣先は、派遣労働者のキャリアアップ支援のため、以下の義務を負います
 ・キャリアアップ支援に必用な情報提供の努力義務
 ・雇入れ努力義務
 ・正社員および正社員有働者の募集情報の提供義務
   
6. 労働契約申込みみなし制度(平成27年10月1日から)
 派遣先が違法派遣を受け入れた場合、その時点で、派遣先が派遣労働者に対して、
 労働契約の申込をしたものとみなされます
 


NEWS 101 新基礎年金番号の通知の発送がスタート

2015年09月10日(木) 16:47

 日本年金機構における不正アクセスによる個人情報の流出は、社会的に大きな関心事となっております。これを受け「政府・与党は8月21日国民一人一人に個人番号を割り当てるマイナンバー制度と基礎年金番号との連結の開始時期を、当初予定の来年1月から延期する調整に入った。再発防止策が図られるまで先送りする。(延期期間は半年から1年の方向)」と報道で発表されたのも記憶に新しいかと思います。
 さて日本年金機構で個人情報流出後の対応策として、個人番号が流出した人に対し、8月24日から基礎年金番号を変更した旨を記載した文書と、変更後の基礎年金番号を記載した年金手帳(年金証書)の発送を開始しました。対象者は6月に年金機構からお詫び文書が発送された人、約96万人にのぼり、9月中には対象者すべての方への発送が完了される予定となっています。
 従業員の基礎年金番号を管理されている会社も多いと思いますので、基礎年金番号の変更のお知らせが届いた場合には、会社にも報告するようにアナウンスしておく等、対応を決めておかれてはいかがでしょうか。

NEWS 101 遺言控除

2015年09月04日(金) 13:19

政府・与党は7日、「遺言控除」を新設する方針を固めました。遺言控除とは、遺言による相続を条件に、相続税の基礎控除額に上乗せして一定額を控除するものです。分割の争いを防止し、次世代へのスムーズな承継を図るほか、在宅介護の促進なども意図されたものと言われています。


現在、遺言を活用しているのは相続税の課税対象者の2割程度であり、相続全体でみると1割程度になります。遺言控除は数百万円を軸に検討されるとのことなので、税率の多い方ほど相続税額への影響は大きくなります。


分割争いを防止するためといわれていますが、実際に分割紛争が多いのは相続税が課税されない層のため、この遺言控除が分割争いに歯止めをかけるのかは疑問です。


とはいえ、遺言により分割争いを回避し、相続人にスムースに継承することができ、その結果として遺言控除により相続税が軽減されるということであれば、それは喜ばしいことだと思います。


早ければ29年の税制改正での実施を目指すとされています。
遺言といっても自分で作成できる遺言から公正証書で作成する遺言があります。遺言控除が創設されるされないにかかわらず、きちんと作成しなければ相続の際に有効でない恐れもありますので慎重に作成しなければいけません。

なごみ日記 夏といえばキャンプ

2015年09月01日(火) 10:11

最近めっきり涼しくなりましたが、我が家では先週にキャンプに行きました。
マスのつかみ取りをしてカレーを食べて、バンガローに泊まりました。
カレーは飯盒でご飯を炊くのですが、適当にやってもできるものですね!美味しいカレーが出来上がりました。そのキャンプ場にはテントも併設されているのですが、潔癖症の私ははじめてのキャンプでテントに泊まる勇気はありませんでした・・・。子供にはテント泊も経験させてあげたいので、来年はテント泊が出来るように頑張ろうと思いました。


カテゴリー

月ごとに読む

過去のエントリー


101dog_weblog_2015_09_index