なごみグループ

なごみBlog

HOME / なごみBlog / 2012年09月

NEWS 101 『紹介料』は何費?

2012年09月28日(金) 08:13

昨今、不況の影響もあってのことか異業種間での交流や業務提携などが盛んになっています。自社にはない技術や製品を持っている企業と提携することで、お客様のニーズにも答えられ新たなビジネスチャンスを掴むことが目的です。その時にお互いが顧客を紹介し合うことも多々あります。その際に発生するのが『紹介料』です。

紹介料は税法では『情報提供料』と呼ばれます。支払い相手先が情報提供を「業」とするものであればその支払った額は費用(手数料など)で構いませんがそうでない場合は交際費等に該当するとされています。ところが、先に述べた異業種交流によって知り合った企業と紹介し合う場合は、相手が情報提供を「業」としていないことがほとんどです。では、その場合は交際費となってしまうのでしょうか?


答えは次の3要件全てを満たす取引である場合は「業」としていないものに対して支払った場合でも、その金額が正当な対価の支払であると認められるときは、交際費等に該当しないこととされています。


【租税特別措置法61の4(1)−8】
(1) その金品の交付があらかじめ締結された契約に基づくものであること。
(2) 提供を受ける役務の内容が当該契約において具体的に明らかにされており、かつ、これに基づいて実際に役務の提供を受けていること。
(3) その交付した金品の価額がその提供を受けた役務の内容に照らし相当と認められること。


この中で(2)(3)は支払いを実行する時点でも対応可能ですが問題となるのは事前に必要な(1)ということになります。


まだまだ知り合ったばかりで紹介も発生するかどうかわからないのに事前に契約を結ぶことは難しいかもしれません。しかし、費用とするためには3要件を全て満たさねばならないため事前の契約がないといけないのです。したがって、支払いが発生するような紹介をすることになった場合にはすぐに契約書を作成して締結するようにしましょう。


特に営業マンはこのような要件が必要なことを知らないことがほとんどで、事実(支払うべき紹介)が発生した後に報告のある場合があります。そうなっては、支払っても費用(全額損金)にならないことやコンプライアンス上、会社として支払いの決済がおりない場合もあります。そうなるとせっかくのビジネスチャンスも逃しかねませんので、周知しておくよう心がけましょう。


上記のようにしていても、最終の支払先が相手方法人の従業員など個人になった場合は交際費等にしかなりませんのでそちらも合わせて注意しましょう。

なごみ日記 大きくなりました(' - ' *)ゞ

2012年09月27日(木) 17:02

そうか!


先日、久しぶりに息子達(中学3年生)とGOLFの練習に行きました。


当たり前なんですが、
息子達に買ってあげたジュニア用のクラブが使えないんです。


私よりも大きくなっているのですが
普段は、あまり成長を実感していなかったのです(' - ' *)ゞ


3人で『短いな、このクラブ、もう使われへんな!』と処分することになりました。


私の、クラブを使って練習を始めたのですが
体育会系のクラブをやっておりますで、当たればそこそこ飛ばします!


何年後には、気が付くと一緒にラウンドしているかもです(' - ' *)ゞ

NEWS 101 法改正情報 高年齢者雇用安定法

2012年09月20日(木) 22:27

高年齢者雇用安定法が平成25年4月1日に改正施行されます。
 
 
改正内容は以下の通りです。
 
 
1.継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みの廃止
  継続雇用制度の対象となる高年齢者につき
  事業主が労使協定により定める基準により
  限定できる仕組みを廃止する。
2.継続雇用制度の対象者が雇用される企業の範囲の拡大
  継続雇用制度の対象となる高年齢者が雇用される企業の範囲を
  グループ企業まで拡大する仕組みを設ける。
3.義務違反の企業に対する公表規定の導入
  高年齢者雇用確保措置義務に関する
  勧告に従わない企業名を公表する規定を設ける。
4.「高年齢者等職業安定対策基本方針」の見直し等
  雇用機会の増大の目標の対象となる高年齢者を
  65歳以上の者にまで拡大するとともに、所要の整備を行う。
5.その他
  所要の経過措置を設ける。
 
 
現在は、60歳定年を迎えた従業員に関し、基準を労使協定で定めることにより、再雇用者を限定することができます。改正後は、原則として、希望者全員を何らかの形で再雇用しなければなりません。
 
   
ただし、この取り扱いは経営への影響が大きいため、経過措置が設けられています。つまり、現行法に基づく継続雇用制度の対象者を限定する基準を設けている事業主は、年金※の受給開始年齢に到達した以降の者であれば、引き続きその基準を適用させ、再雇用の対象者を限定することができます。
  
  
この経過措置により、希望者全員を再雇用する年齢が年金※の受給開始年齢引き上げにともなって段階的に引き上げられ、最終的に平成37年4月1日には、継続雇用制度の対象者を限定することは、原則としてできなくなります。
  
  
※年金=厚生老齢年金(報酬比例部分)


なごみ日記  サービス世界一

2012年09月18日(火) 08:57

この夏休み、シンガポールに出かけました。
ミーハーな家族は、
ソフトバンクのCMに出てくる(SMAPが登場する)ホテルに泊まりたい!
そのために行ってきたのです。
ホテルの屋上からの眺めよろしく、
「キムタクや中井クンはここを歩いてたんや〜♪」と同じところを歩いたり・・・
CM中の地上200メートルのプールでも泳ぎました。
さすがにビーチボールで遊んでいる人はいなかったです。


実はシンガポールは3度目で飛行機は3回ともにシンガポールエアライン。
この航空会社のサービスは世界一で有名です。
今回、運悪く、このサービスの良さを実感することになったのです。


冒頭のホテルを堪能し、
シンガポールからの帰路、いよいよ搭乗してもなかなか出発しません。
しばらくすると空調機器点検のため、
出発予定時刻が遅れるというアナウンスが入りました。
うちの家族は全員すでに映画に見入ってるため、あまり気になりません。
ドリンクサービスが始まり、15分おきに現状報告をするアナウンスが入ります。
1時間くらい経ったころでしょうか、不具合が解消しないため、
空調機器の取り替えを行うアナウウンスが入りました。
取り替えを行うということは、いったん空調が止まるということです。
所要時間は30分と伝えられ、
冷たいおしぼりの配布やドリンク、ナッツの提供が続きます。


それからまた1時間くらい経って、ひとりに1箱の軽食が配られました。
さすがに日本に帰れるのかと思ったとき
「当機は、皆さまの安全のため、飛行機の乗換えを行うことになりました」
とアナウンスが入りました。
人と預けた荷物の入れ替えです。
いったん、ロビーに出て待つことになりました。


ロビーでは、シンガポールエアラインの制服を着た日本人女性が待機していて、
説明資料を配布の上、日本人に向けての説明とお詫びをされます。
もちろん、乗客は日本人だけじゃないので他の言語の人達にもそれぞれ説明しています。
乗換えを待っている間、日本に向け連絡ができるようにと
希望者には国際電話対応のテレホンカードが配られました。
私も早速いただいたテレホンカードで実家に電話を入れました。


シンガポールエアラインの対応がよいのであまり腹立ちもせず、
ロビーでさっき配られた軽食なんかを食べて待ちます。
結局2時間程度で同じ型の飛行機に再び搭乗し、
その後は順調な飛行で、無事関空に到着することができました。


日本に着くと、ここでも資料を持って空港職員が待ち構えています。
こんな非常時はどこの航空会社もお互いに提携しているのでしょう。
配布資料はシンガポールエアライン名ですが、配布しているのは全日空のクルーです。
とっくに深夜を過ぎているので帰りの交通手段がありません。
乗客には主要な方面へバスが用意されていて、
空港職員が乗客一人一人に対し、帰宅方面の確認を行っています。
私たちの住む泉北は空港から所要30分程度のためタクシーで帰ることにしました。
(後日、資料に従って請求すると全額、入金されていました。)


タクシー乗り場では、深夜にも関わらず、かなりの数のタクシーが待機しています。
無線でスタンバイしているのでしょう。
事情に通じている運転手さんが色々と教えてくれました。
シンガポールエアラインが定刻より遅れることは滅多にない。
サービス対応は良かったでしょう。
しょっちゅう遅れるのは、〇〇航空と〇〇航空と〇〇航空ですよ。
JALが経営危機に陥ったとき、
JALの職員が転職先に最も選んだのはシンガポール航空だったこと。
経営体質などもこっそり教えてくれました。


シンガポール航空には数回搭乗していて、サービスの誉れは聞いていたものの、
正直、そんなものかと思っていました。
今回、遭遇して初めて世界一と評されるサービスを体感しました。
サービスの良し悪しというのは、何かあったときにハッキリと出るのだ。


なごみはお客様に何かあったとき、良いサービスを提供できているか。
心に問う出来事でした。
そして、仕事におきかえて肝に銘じました。


(文章:Carol)

NEWS 101 住宅取得等資金の非課税限度額

2012年09月14日(金) 08:51

住宅取得等資金に係る贈与税の非課税限度額

平成24年度の税制改正により住宅取得等資金の非課税限度額が変わる事になりました。
住宅取得等資金の非課税とは父・母・祖父母などの直系卑属から住宅の新築・取得又は増改築等のための金銭を贈与により取得した場合に一定の金額まで贈与税が非課税となる制度です。

では実際にどのように変わったのか旧制度と比較してみます。

(1) 旧制度
贈与年・・・平成22年       非課税枠 1,500万円
贈与年・・・平成23年       非課税枠 1,000万円

(2) 新制度(H24年〜26年)
省エネ性又は耐震性を満たす住宅
贈与年・・・平成24年       非課税枠 1,500万円
贈与年・・・平成25年       非課税枠 1,200万円
贈与年・・・平成26年       非課税枠 1,000万円

^奮阿僚斬
贈与年・・・平成24年       非課税枠 1,000万円
贈与年・・・平成25年       非課税枠  700万円
贈与年・・・平成26年       非課税枠  500万円

上記のように平成24年度の税制改正により大きく2つに大別されることになりました。
今回の改正では省エネ性又は耐震性を満たす住宅が追加されることになっております。
また住宅の床面積についても制限が設けられています。

 詳しい要件については国税庁のホームページに記載されていますので併せてご確認下さい。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

なごみ日記 初の和歌山旅行

2012年09月11日(火) 14:54

先週の金曜日に、37歳にして初めて和歌山の白浜に行ってきました。
生まれは、神戸なので西への旅行はありましたが、和歌山へ旅行という選択肢が、私の家族にはありませんでした。
今は、堺に住んでいるので和歌山県は訪れやすい環境ということと、子供が喜ぶアドベンチャーワールド、大人が喜ぶ温泉と海の幸を使った料理があるとのことで、1泊2日で旅行に行きました。
 2日間、天候にも恵まれ、平日そして夏休み明けもあり、どこも空いていたので十分楽しむことができました。
 温泉は露天風呂に入っている目の前で、飛行機が飛び立っていくという体験もできました。なんか裸でみるものでもないですが・・・
 海の幸は、大好きないくら丼を食し、満足満足。
 アドベンチャーワールドでは、子供と一緒にはしゃいでしまいました。パンダの赤ちゃんは残念ながら見ることはできませんでした。しかし、暑さでばてるライオンたちやイルカのショウをみるととてもテンションが上がりました。動物を近くで見るわが子が目を輝かせているのをみて、来てよかったと思いました。
 和歌山県いいところです。楽しいです(もっと早く知っとけばよかった・・・)
また行きたいですね。子供がもう少し大きくなったら、どんな反応をするのかも楽しみです。
(M.O)

NEWS 101 給与と外注費

2012年09月07日(金) 08:57

建設業やサービス業など様々な業種で個人に外注する場合において、その対価の支払いを外注費にするときは注意が必要です。

会社が個人の外注先に支払う外注費は、消費税の課税仕入れにできることや、従業員を雇用から請負契約にした場合には、社会保険料の会社負担がなくなりますが、税務調査においては実態で判断されるため、外注費ではなく給与と判定されるケースがあります。

請負契約に基づくものであれば外注費として判定され、雇用契約に基づくものであれば給与として判定されますが、実態が伴っていない場合やそのような契約が存在しないものも多く、その場合は次の事項を総合的に勘案して判定されます。


(1) その契約に係る役務の提供の内容が他人の代替を容れるかどうか。
(2) 役務の提供に当たり事業者の指揮監督を受けるかどうか。
(3) まだ引渡しを了しない完成品が不可抗力のため滅失した場合等においても、当該個人が権利として既に提供した役務に係る報酬の請求をなすことができるかどうか。
(4) 役務の提供に係る材料又は用具等を供与されているかどうか。


税務調査で外注費ではなく給与と判定された場合には、
「源泉所得税の徴収漏れ」
「消費税の仕入税額控除の否認」
の2点が指摘されてしまうためご留意ください。

なごみ日記 夏の終わり

2012年09月04日(火) 13:56

9月に入り、朝晩は少し涼しくなってきました。
夏ももう終わりが近づいてきていますね。

私は暑がりなので夏が苦手ですが、夏のお菓子、わらびもちが大好きです。

近頃は、スーパーやコンビニで売ってるものでは満足できず、
デパ地下や和菓子屋さんで売ってる、ちょっとお高いものを買っていました。
やっぱり味がちがいます。とてもおいしいです!!

先日、よく行く和菓子屋さんにわらびもちを買いに行ったら、
8月末で販売終了、とのことでした。

夏が終わるのはうれしいですが、また来年の夏までわらびもちが食べられないと思うと
ちょっとせつなくなりました。

(H.O)


カテゴリー

月ごとに読む

過去のエントリー


101dog_weblog_2012_09_index