なごみグループ

なごみBlog

HOME / なごみBlog / 2009年08月

邯鄲の夢 邯鄲の夢

2009年08月31日(月) 15:28

 昨日、衆議院議員選挙が行われた。7月の麻生首相の解散宣言からおよそ1ヶ月半、これまでにないほどの白熱した選挙戦が各地で繰り広げられた。結果としては、野党である民主党が300議席超を獲得し、1955年の結党以来永らく続いてきた自民党が与党という体制が崩れることとなった。一体何が起こったのか。


 正式名称は自由民主党である。自由党(1950年結党。初代総裁は吉田茂)と日本民主党(1954年結党。初代総裁は鳩山一郎)が合同してできた保守派の政党で、結党後の最初の衆議院選挙(1958年5月22日投票日。選挙後は第二次岸内閣成立)で467議席中298議席を獲得し単独で過半数を超える一大与党となった。初代総裁は鳩山一郎だった。以後、前述もしているが六十年安保騒動を招いた日米安保条約調印をした岸信介、所得倍増計画を打ち出し高度経済成長に大きな役割を果たしたが大蔵大臣時代に「貧乏人は麦を食え」と発言した物議をかもした池田隼人、小笠原諸島・沖縄返還や初めて「非核三原則」を国会答弁で表明した佐藤榮作、日中国交回復を実現し「日本列島改造論」で一世を風靡したが後にロッキード事件で逮捕された田中角栄、など聞き覚えのある人物達が歴代の総裁である。それもそのはずで、単独であれ連立であれ与党第一党だった自民党の総裁はほぼ全員が首相を務めている。現在までで総裁で首相を務めていない者は河野洋平氏だけである。


 その自民党が野党へ転落することとなった。今回の野党転落が初めてのように言われているが、実際は1993年の衆議院選挙で新党ブームによって過半数を割り込んで野党に転落している(ただし、後に新党と連立を組んで与党に復帰)。しかし、その時とは明らかに様相を呈しているのが負けた相手である。93年の時はどこも単独過半数には満たなく、それどころか過半数に満たなかったものの自民党が2番目に議席が多かった社会党の3倍以上の議席を確保していたのだ(定数511。自民党223、社会党70、新生党55)。これでは負けても議員も選挙民も実感が湧かないだろう。実際にすぐに(連立)与党に復帰したのがそれを物語っている。だが、今回は負かされた相手である民主党が単独で308議席という全議席の64%を占める圧勝となった。そして自民党は何とか第2政党の地位は守ったもののその3分の1の119議席に留まるという歴史的な敗北となった。公示前が300議席だったので181議席を失ったことになる。さすがに今回は本当の意味での野党転落と選挙の敗北を悟ったのではないだろうか。しかし、その原因をしっかりと認識できているかが心配である。


 自民党は今回負けたが、次回の4年後にまた負けるかどうかはわからない。というより『4年後はまた自民党が復活するだろう』という予測をたてている選挙民が多いのではないだろうか。他国のような二大政党制を確立していくならば、今のところ民主党の対抗馬は自民党しかないのだから当然である。しかし、負けた理由が「自民党に対する積年の不信や不満がこの選挙に集約された」では理解できているとは言えない。また「これまでの実績や政策が十分浸透しなかった」も同じである。なぜ、積年の不信や不満があると分かっているならばそれを払拭するような政策を実行しなかったのか。本当に実績があれば当選したのではないか。仮にあったとしたら当選するほどの実績ではなかったか、既に過去のものとなったかではないか、などいろいろと言いたくなってくる。また、各個人の敗戦の弁で気になったのが「敗軍の将、兵を語らず」と言った人だ。この発言の後「兵を責めても」という趣旨の発言をしたが意味が違うのではないか。この諺は負けた武将に勝った武将が今後の戦術を訊ねたときに「負けた私が大事を語る資格はない」ということを言ったものだ。「人のせいにはしない」ではない。しかも既にそれを言う時点で人のせいにしているのではないか。良く考えて欲しい。


 いずれにしろ、新しく政権を担うことになった民主党が今回投票した選挙民全ての満足を得られるような政策を実行できるはずがない。政策の目玉の子育て支援でも『産みたくても産めない人を考えているのか』という意見があるように、何かをすれば必ず満足と不満足を生み出す。ましてや期待感ばかりが膨らんでしまって一年生政権党の不慣れな国会運営に失望を禁じえないこともあるだろう。そうして『自民党と変わらないじゃないか』ということにもなり、また政権党が自民党に戻ることになるかもしれない。しかし、せっかく動き出した選挙民の選挙行動が政治を大きく動かすという流れを止める必要はない。今回の選挙で現与党であっても政策に失敗すれば野党になってしまうのだという危機感が政治家に植え付けられれば、今より確実に良い政治家が増えるであろう。二大政党制を確立するかどうかに限らず、より良い政治家を育成する方法を放棄することはないのだ。


 今朝、民主党の鳩山代表が「ようやくスタートラインに辿り着いた」と発言した。その通りである。そしてそれは我々選挙民も同じであることを忘れてはならない。

NEWS 101 百貨店業界

2009年08月28日(金) 10:05

そごう心斎橋本店が閉店した。
再開業したのはついこないだだと思っていたのに、気付けばもう4年も前の話だという。
時間の流れの早さにびっくりした。


このところ、百貨店業界の経営統合や業務提携など動きが激しい。
大阪キタでみると、阪急・阪神百貨店の提携、阪急百貨店の大規模改装、さらには近々、三越伊勢丹まで新規開業するらしい。
百貨店間の競争は、ますます激化していくことが予想される。


個人的には昔から阪急百貨店派なので、阪神百貨店との業務提携により非常に便利になった。
どちらで買物をしても、カードのポイントが同じように付与される。
4月までにあと10万買物すれば、来年1年間は10%の割引率が適用されるので、せっせとポイントを貯めている。
きっとこれが百貨店側の戦略で、それに私は貢献している。


Nティ

なごみ日記 赤ちゃんとワンちゃん

2009年08月27日(木) 12:34

千葉在住の妹が、生後10ヶ月の赤ちゃんと、2歳のミニチュアダックスを連れて里帰り中です。


この両者、比較するとなかなか興味深いです。


身長:
つかまりだちをすると同じ。ミニチュアダックスは胴が長いですから。


ごはんに対する執着心:
同じ。赤ちゃんにごはん(離乳食)をあげようとすると、ワンちゃんが寄ってくるし、ワンちゃんにおやつをあげようとすると、赤ちゃんも寄ってきます。


知能レベル:
今のところ、ワンちゃんの方が上のよう。
赤ちゃんは、ワンちゃんに興味深々なお年頃。
耳をかじったり、しっぽを引っ張ったり、やりたい放題です。あげくのはてには、ワンちゃんのゲージに自ら入って喜んでいる始末・・・
それでもワンちゃんは、なされるがまま。
一切抵抗せず、大人たちに「この子どうにかして」と目で訴えている姿はとても愛らしいです。
ワンちゃんは、赤ちゃんに傷をつけるとこの家にいられなくなることを分かっています。


赤ちゃんがうまれたばかりの頃はみんなにかまってもらえなくて、大好きなエサが食べれなくなるほどすねていたのに、今となってはすっかりお姉さん的な存在になりました。
ワンちゃんだって、成長するんですね。


そのうち赤ちゃんの方が追い越して、どんな関係になっていくんでしょうか。
今後の2人の成長が楽しみです。

(Nティ)

なごみ日記 eva

2009年08月25日(火) 19:00

エヴァンゲリオン初心者のT・Tです。


この作品は一般的なものとは違い、一回観て面白かったでは済まないのです。


私も結構観てはいるのですが、20%理解できているのかどうかです。


初心者をいつ抜け出せるのか。

.
.

今回の劇場版なんかほぼ理解不可能です!


新キャラの女の子の正体は。アスカの名前は何故変わったのか。


カヲル君の謎。等々・・・・


言い出したらきりがありません。


DVDが出たら、擦り切れるまで観ないといけません。

.
.

ただ、幸いなことにうちの事務所にはエヴァマスターがいるのです。


そう。ボンちゃんです。


お昼時にはいつも教えてもらっています。


この間なんか、お昼ご飯のサンドイッチを一口食べたところでエヴァ話を振って、


休み終わり5分前までそのままの体勢でした。

.
.

この人はかなりのモチベーションを維持しているなと感じた瞬間でした。


仕事でもそのモチベーションを発揮してほしいです。


.
.
.
.
.
.
仕事でも発揮してますよ(笑)

NEWS 101 新型インフルエンザ

2009年08月21日(金) 20:59

夏にも関わらず流行している新型インフルエンザ。


日本でも既に死者も出ているみたいです。


普通は高温に弱いはずですが、流行しているということは、


冬にかけてどうなるのかとても心配されるところです。


大流行し、もし強毒性に変異すれば、


経済への影響は計り知れないでしょう。


現状のできる対策は、


マスク、手洗い、うがいをすることぐらいですので、


徹底していきたいです。


大流行しないことを願います。

なごみ日記 毎年恒例のキャンプ

2009年08月21日(金) 10:57

今年もお盆に毎年恒例のキャンプに行ってきました。場所は奈良県の天川村というところです。人生初のラフティングをしたんですがめちゃくちゃ楽しかったです。機会があればみなさんもやってみて下さい。ラフティング後は夕食タイム・宴会で毎年かなり飲むんですが、今回もあほほど飲みました。しかし、気をつけないといけないのは
調子に乗って飲みすぎて酔っ払って先に寝てしまうと悲惨な目に合います。起きているもの全員で油性のマジックを持って寝室に忍び込み体中に落書きをしました。起こさないように細心の注意を払いながら書くのは笑いが止まりません。
宴会では何個かゲームをするんですけど、今年の目玉は「ロンドンハーツの格付け」でした。結婚しているメンバーの奥さんにお題を出してそれに順位をつけていってもらうんです。普段どんなイメージをもたれているのかや旦那はこんな順位なんや などかなり盛り上がりました。一つ言えるのは全然当たらないという事です。

次の日は童心にかえり運動会をしました。大縄跳びをしたり、5人6脚をしたり久しぶりにすると盛り上がって面白いです。
いつもあっという間に終わってしまいます。
来年また行くのが楽しみです。

なごみ日記 高校野球

2009年08月18日(火) 15:11

スポーツは筋書きのないドラマだとよく言いますが、

高校野球の最後の夏の大会である甲子園を見ているとまさに

筋書きのないドラマだなぁと感心させられます。

本当にサヨナラ勝ちとか逆転サヨナラという言葉をよく耳にします。

最後まであきらめない気持ちを持って物事に取り組むという事の大事さを

痛感させられます。

それに、選手の全力疾走とかあいさつの仕方、取材の受け答えをみていると、

これから甲子園を目指す子供たちにも良い影響を与えるだろうなぁと感心します。

最近のテレビでは、子供の憧れの存在であるべき人たちのあまりにも残念な事件が

毎日の様に報道されていてうんざりしていたのですが、私は毎夜熱闘甲子園をみて

癒されています。


(H・T)


邯鄲の夢 邯鄲の夢

2009年08月17日(月) 11:09

週末の15日土曜日。64回目の終戦記念日を迎え、各地で戦没者慰霊祭などが行われた。しかし第二次世界大戦、日本では太平洋戦争と呼ばれる悲惨で途方もない数の犠牲者を出した戦争も体験者が平均寿命を超える今、後世にいかに伝えるかが問題視されるようになってきた。


ところで、この戦争が発生したきっかけは諸説語られている。単なる日本の帝国主義による侵略目的やアメリカの中国大陸の権益確保のための日本排除目的、その他だ。しかし、そもそも世界大戦であるからヨーロッパでの戦争も無関係ではない。そういったことでは、当時のアメリカ国民の孤立主義(ヨーロッパ大戦に参加しない)を転換させるために日本を使った、という説もありえなくもない。いずれの理由が真実で、いずれが嘘かは今更分かっても仕方がない。日本の先制攻撃により戦争を起こしてしまったという事実がある限り毎年終戦記念日には全ての戦死者に黙祷をささげ、また反省(自省)せねばならないだろう。


ただ、その“反省”が難しくなってきているのが冒頭の話である。しかし戦争を知らない世代がほとんどである現在、何を反省すれば良いかがわからないのだから当然のことだろう。では、なぜ「知らない」のか。それは単純に教えていないからである。私は現在の日本という国(の政治家や官僚)が過去に敗戦したという事実を伝えたがらないとは思わないが、義務教育期間中に教えることが少なすぎると思う。現在の国際情勢の発端ともなっている第二次大戦と、その戦争という行為の中で何が行われたかという事実をより深く伝えるべきではないだろうか。


第二次大戦時にはVTR技術が大幅に進んでおり、戦場で撮影されたフィルムが膨大に存在する。それらを包み隠さず、また勝手な憶測や想いを含んだナレーションなどをつけずに見せるだけでも大いに違ってくるだろう。正視に耐えがたい映像もあるだろうが、今は現実と見紛うくらい精巧に作られたグロテスクな映像が含まれた映画も存在する。見る年齢による多少の選別は必要だが、こういった教育は小さい頃からするからこそ心に残るものとなるはずだ。せっかく貴重な事実を写した資料を眠らせておくことはない。


戦後64年経って日本では風化してきている戦争の事実も他国ではそうではないかもしれない。日本では終戦記念日でも、例えばお隣り韓国では日本支配からの輝かしい独立記念日である。また42年に日本軍の侵攻によるオランダ支配から脱し日本軍政下へ変わっていたインドネシアでは、日本の敗北によって再度オランダ支配に戻るのを恐れて2日後の17日ではあるが独立を宣言した日でもある。その他にも、正式な日時は異なるが、日本の敗北を契機に独立を得た国は存在する。日本が戦争をしたことの良し悪しではなく、そういった一連の世界の動きを誘発した張本人である日本が忘れてしまうのはこのグローバル社会に生きていくにも良くないだろう。


戦争を知らない世代の他国の脅威への報復論も多くなってきているような気がする。しかし、やはり武力衝突は勝っても負けても損害が「零」ということはありえない。つまり誰かが死ぬということだ。10万人の軍隊の戦死者が1千人ならば確率100分の1だが、実際に死んだ人や遺族にとっては1分の1である。その1分の1の遺族の想いを風化させないためにも新たな伝承方法を検討していかねばならない。

NEWS 101 

2009年08月14日(金) 09:16

創業100年を超える企業というのは全国で何社ぐらいあると思いますか?
なんと2万1066社もあるのです。自分が思ってるよりかなり多くてびっくりしました。
設立1,000年を超える企業も8社もあるそうです。
その中でも一番古いのは寺社建築の金剛組(大阪市)という会社だそうで1,431年もの歴史があるみたいです。
こんなにも続いている会社が大阪にあるなんて驚きました。
会社の決算書等には当然1,431期目と書かれているのかなと思うとすごいなと感じます。
これだけ長い期間存続するという事は素晴らしい技術や経営理念を持ってらっしゃるんだろうなと思います。

なごみ日記 招待状

2009年08月14日(金) 00:08

結婚式の招待状をいただきました。
 
秋に行われるその式では、
素敵な新郎と美しい新婦を囲んで
素晴らしい時間が過ごせることでしょう。
 
 
さて、この招待状を早速娘が見つけました。
そして「私も行く!」と。
「行きたい」ではなく「行く!」宣言。
 
いやいや、行けませんから。
「招待状をもらった人しか座るところがないよ」と説明しても
「立ってるから大丈夫」などと言って食い下がります。
 
 
どうしてもお二人の晴れ姿を見たいようでしたが、
ようやく、会場で撮った写真を見せてあげる、
ということでしぶしぶ納得させました。
 
 
Oさん、Kさん、
うちの娘も祝福していますよ。
いつまでもお幸せに。
 
 
☆T☆

邯鄲の夢 

2009年08月10日(月) 15:10

暑中見舞いをいただいた。中に読者から、最近更新をしていないとの指摘があった。謹んでうけとり、早速ではあるが更新させていただいた。


今月末には国政を左右し、歴史的な選挙になるかもしれないという衆議院議院選挙があるが、その前に本来なら選挙の報道が多くなるべきマスコミの話題をさらった事件が2つも起きた。衆知の通り、著名な芸能人が絡んだ麻薬取締法違反事件だ。


事件の概要や各個人については、好悪もあるだろうし、このコラムで書くべきことではないので省略させていただくことにする。


いずれにしろ多くの報道がこれらの事件にさかれてしまい、大事な選挙について各政党のマニフェストの説明や討論会、その他の報道が減ってはいないのかもしれないが影は確実に薄くなってしまっている。このままでは気が付けば選挙日当日なんてことになりかねない。お盆休みも控えているが我々選挙民は各立候補者のそれらの内容をよく聴いて誰に投票するか考えておかねばならないだろう。


選挙の結果、どこの政党が与党となろうとも「(その後の)国政運営で結果が出なければどこに投票しても同じだ」という人もいる。そういう人は自分が立候補すれば良い。自分がしないのに他人ができないのを責めることはできない。また、もし責めることができるとすれば、立候補して支持を求めた者に、信じて(もしくは選んで)投票した者くらいだろう。そういう気構えで8月30日を迎えたい。


他の政党には申し訳ないが、今回の選挙は現与党の自民党と野党第一党の民主党の政権交代が注目されている。先に述べた事件でいえば、実績と自信でつい物議を醸す発言をする方を自民党とすれば、清純さと一般人に近い低姿勢を見せるのが民主党だ。
しかし事件では、そんなにも違う2人だったのに奇しくも同じ時期に同じ犯罪を犯してしまった。果たして選挙では、どちらを選択しても結局は同じく「日本の立て直しができなかった」なんてことにならなければよいが。

なごみ日記 偏食。

2009年08月10日(月) 14:38

私は、はまったらそればっかり食べてしまう偏食傾向にあります。

元々性格からして、猪突猛進というか粘着体質というかストーカー体質というかたいぶ偏っているので、

食べ物に関しても同じものを主食に2,3ヶ月は平気で毎日毎食食べてしまう一途っぷり。

今は焼きそばにはまっており、この一週間毎晩&週末のご飯は全て焼きそばにしてやりました。


もうすぐ自分史上最強激美味の焼きそばが完成しそうです(*・ω・)v


もうひとつはまっておりまして、ハーゲンダーーッツ!!ゲキウマ。

家の近くのハーゲンダッツでは現在、アイスを4つ選んで500円という奇跡のキャンペーンをしており、

ご褒美アイスが、日常食になる贅沢っぷり。

もちろん選ぶアイスはいつも同じ( ̄ー ̄)


先日、我慢に我慢を重ねて、結局我慢しきれなくなり家を飛び出して閉店前のお店に駆け込んでしまいました。(夜10時!!)


反省し、もう店舗には行くまいと決め、スーパーで2つだけ買って毎日半分ずつ食べようと心に誓ったのに1日でなくなってしまいました・・・・。不思議〜。


頭の中は焼きそばとハーゲンダッツでいっぱいです☆★


SUGI

NEWS 101 景気回復?

2009年08月07日(金) 12:56

 内閣府が6日発表した6月の景気動向指数(速報値、平成17年=100)によると、景気の先行きを示す先行指数は2・9ポイント上昇し79・8と4カ月連続で上昇するとともに、上昇幅は比較可能な昭和55年1月以降で過去最大となりました。

 内閣府では、「先行指数が明確に反転しており、実際の景気が数カ月後に一致して上昇するとみられる」とした。ただ、現状については「生産などで下げ止まりを示しているが、雇用は弱い状況が続いており、消費も明確に回復しているわけではない」などと分析。基調判断は「下げ止まりを示している」とし、改定値の改善を受けて上方修正した前月の判断を据え置いた。

 水準は低いが、最悪期を脱し緩やかな回復に向かっていると言えそうです。

 

なごみ日記 わたしの自由すぎる兄

2009年08月06日(木) 13:29

最近、私は兄と夜ご飯を食べに行く機会が嫌でも多いのですが、いつもすごく面倒です。


私は、毎晩8時に帰路に就くので、
「もうハヤク食べてチャッチャと帰ろうよー。しんどいよ。帰ったら10時になっちゃうよー。」
ってかんじなんですが、
兄は、晩酌を欠かさない生き物なので、車に乗ってる日などは大変です。


以下の選択について、本気で隣で迷っているのです。
ひとまず自宅に帰って、歩いて近場のお店で晩酌する。
代行を呼んで、思いっきり晩酌して帰る。
自宅の近くまで帰って晩酌し、運転に不慣れな私に運転させる。
晩酌を泣く泣く諦めて、お酒を連想させない店で食べる。


昨日は、まれのパターンい世辰燭里任垢、、、、かなり面倒でした。
辛いものならお酒なしでも大丈夫と言い張り、ひたすらアジア料理を探しました。。。
それでも、晩酌できず、ローテンションな兄。
どうしてそんなに自由なのかしら!!!


しかも、来る途中、眠たすぎて、わずか30分もない高速道路で、側道に停めて1時間寝たという。


私もマイペースなので人並みはずれた思考回路も行動も結構似てるんですが、
兄よ、、貴方はやりすぎです。。。


musik

なごみ日記 8月2日 日曜日

2009年08月04日(火) 18:12

この日曜日は、朝から弟家族と終日行動しました。

弟には、4歳の男の子と1歳の女の子がいます。

朝は、公園で蝉取り、昼は外食、午後から服屋と靴屋、夜も外食、

そして、最後はお風呂。

この一日はおじさんとしてかなり頑張りました。

最後まで甥っ子たちは寝ませんでした・・・・。

このパワーは凄まじく、本当に尊敬します。

この二人を育てている弟が立派に思えてなりません。

私は、この先、子供を育てるパワーが残っているのか心配です。

ちなみに、弟はすでに家を購入し、子育て奮闘中です!!


                                                         (Y.O)


カテゴリー

月ごとに読む

過去のエントリー


101dog_weblog_2009_08_index