なごみグループ

なごみBlog

HOME / なごみBlog / 2007年10月

 初めてのゴルフコース

2007年10月30日(火) 11:46

今週の日曜日に人生初のゴルフに行きます。 うちっぱなしには数回行った事があるのですがコースにでるのは初めてでとても楽しみです!!

きれいに整備された芝生に囲まれ、さぞ清々しいことだと思います。会社の数人で行くのですが、そのうち三人がド素人なのでちゃんと回れるかどうかすらわからないし、色々ハプニングが起きそうで週末が待ち遠しいです。

やったことのない事をするというのは自分の成長には欠かせないと思います。それが遊びだとしても、何か感じる事があるし、仮に何も思わなくてもやったという経験は残ります。

一つ気になっているのですが、ゴルフに行く時の服装は決まっているんでしょうか??どこまでがよくてどこからが駄目なのか全然わからないんです。 

わからない事だらけですが、とりあえずおもしろければOKなので存分に楽しんできます☆


 

邯鄲の夢 邯鄲の夢

2007年10月29日(月) 17:45

先週末に台風が日本列島を襲った。この時期に上陸するなんてと思われるだろうが、そう珍しいことでもないらしい。それよりも一向に秋らしくない天気のほうが心配だ。これも温暖化の影響だろうか。


温暖化といえば二酸化炭素の排出が問題とされている。今、目覚ましい勢いで経済成長を続けている中国はその排出量も増え続けており世界第2位で世界全体の20%弱を占めるまでとなった。ところで中国の問題は二酸化炭素だけではない。市場経済導入後、利益を求めるあまり環境に対する配慮がなかった。そのため大気・河川の汚染、森林破壊などが急激に進んでしまったのだ。


国土も人口も巨大な国なだけにその影響は国内だけにとどまらず、世界中に及んでいる。例えば大気汚染の場合では、その風下(偏西風のため)にある日本において最近森の樹木の立ち枯れが増えたのは、中国での膨大な石炭消費にあるという(中国当局は否定している)。経済発展に伴い電力消費が急増している中国ではそれに伴って火力発電所の石炭消費も急増している。しかも、環境対策用の装置設置は進まないのだから汚染も拡大の一途だ。また工場廃水も同じく対策をせずに排出されることが多く、その汚染は深刻な状態である。


さらに森林に至っては、1998年に起きた長江大洪水の原因が森林伐採にあるとして既に中国国内では大きな伐採が禁じられたため、その矛先が国外へと向けられている。極東ロシアやミャンマー、インドネシア、果てはアフリカのモザンビークにまで伐採の手が伸びている。正当な伐採ならまだ良いが不法伐採が横行しているから酷いものだ。先に述べたような国が多く目標とされているのは、不安定で力の弱い政権のため不法伐採にも監視が緩かったり賄賂などが効きやすいからだ。政治のトップレベルでは不法伐採を取り締まるよう努力はしているものの、末端までは行き届かないのが現状である。


こういう中国の環境を顧みない利益至上主義に多くの日本人は眉をひそめる。しかし、よく考えてみればわずか30〜40年前に日本が行ったこととほぼ同じことをしているだけなのだ。今でこそ日本は先進国の仲間入りをし、経済力でも世界有数となったが当時はまだまだ発展の途中だったのである。そしてそれゆえか、今の中国と同じように環境汚染・破壊を撒き散らした。


しかし、だからといって今の中国の行動を放置しておくわけにはいかない。その規模からして地球に与える影響は過去の日本の比ではないからだ。したがって先に同じ失敗をした日本や他の先進国は、主に政治として過去の反省からも環境に配慮した技術を優先かつ優遇して提供するべきだろう。また民間としては利益至上主義を排除しなければならない。自国内や自国の企業はモラルを守っているとしても、その取引先に安さを優先した中国企業があるならば意味がないことに気づかねばならない。それは末端の消費者である我々の責任でもある。環境に配慮した企業が作る製品を選択する努力が必要だ。


日本は四季の移ろいが魅力的な国である。地球温暖化はそれを奪いかねない。常夏の国、日本。このままではそんな日本が待っている。

なごみくんの一生 第12話 マサハル 高校中退

2007年10月26日(金) 17:47

義務教育も終わり、晴れて自由の身となるはずのマサハルだったが、通っていた中学の鬼教師‥いや、非常に熱心な生徒指導の先生の計らいで聖マリオ高校への進学が決まったのである。中学時代は詰襟のボタンを開けたままで過ごす‥というような、まだかわいげのある不良っぷりであったが、高校進学の決定とともに密かに高校デビューを目論んでいたマサハルは、いそいそとその準備を始めていた。まずはかたちから、ということで早速届いた高校の学生服をまだ袖を通さないうちから短ラン、ボンタンへと手を加え改造していった。入学式にはその短ラン、ボンタンを着て満足気に登校したが式には出席せずに校内をぶらついていた。何の変哲もない、いたって普通の高校のようである。中学でつるんでいた仲間とも別れてしまった。せっかくの高校デビューだったが、楽しくなりそうな予感は微塵も感じられない。するとマサハルと同じような生徒が‥。「あっ、あれは‥!!」そう、それは、ここいらの地域ではピカイチの『不良―ワル―』のおがわである。かねてより、おがわに対して憧れの念を抱いていたマサハル。おがわは長ラン姿で煙草を吸っていた。「ぼ、ぼくにも1本くれるかな。」―この出会いがマサハルの人生を大きく左右する出会いとなるのである。
二人はその後すっかり意気投合し、おがわの子分3人も加わりいつでも5人で行動を共にしていた。一緒に授業をサボり隠れて煙草、屋上での昼ごはん、またトイレも一緒‥と少しかわいいところのある5人ではあるが、喧嘩上等、常にガンをとばして歩き、かつあげ、万引きと、彼らのやんちゃぶりはすごかった。そんな彼らの顔からも笑みがこぼれるときがある。それは何を隠そう、合コン!合コンとなると5人揃ってソワソワ、モジモジ、顔の筋肉は緩みっぱなしの状態であった。ある日、「青春のデコチャリ2ケツデート☆」を夢見る5人は、自分たちの自転車の荷台に各々ふかふかの座布団をくくりつけ、満を持して合コンに臨んだのだが、「今どき自転車なんてダッサーイ!バイクも持ってない男なんてヤーダー!」という冷ややかな言葉。終わった‥と意気消沈し、頭を垂れる5人。するとその中から「私自転車大好きっ!」という、今の5人には天使とも思える救いの言葉が耳に入ってきた。それは常にゴーイング マイウェイのすこーし変わったところのあるカナ子だった。「最近は毎日自転車で軽く10キロは走ってるよ!二人乗りやったら私が前で漕いだげるよ♪」‥いや、それは違う。何かが違う。結局時代の流れはバイクだということになり、免許を取るべく、かつあげをして資金調達。女の子にモテたいという気持ちが焦りを生んだのか、警察に見つかり学校からは停学、謹慎処分。だがそんな処分ももろともしない5人は残ったお金で二輪免許の教習合宿に参加し、無事に二輪免許を取得する。免許取得はよかったが、謹慎期間中の外出がバレてしまい揃って退学‥。退学なんてどこ吹く風の5人の次なる関心事はバイク購入。みんなでバイクのカタログを見ながら吟味して150ccのベスパに決めた。みんなお揃いの色違い。さすがに今度は一生懸命お金を貯めた。しかしお店に行ってびっくり!カタログに載っていた本体価格で買えるわけではなかったのだ。他に重量税軽自動車税、自賠責保険など諸々の費用がかかったのである。必死に値切り倒して手に入れたバイク。高校を退学になってしまったマサハルは毎日をこのバイクと過ごし、あっという間に1年が過ぎ去った。そんなある日のこと。「あっ!!」‥机の上の山積みの物の中から軽自動車税の納付書が見つかったのだ。納期限は‥1ヶ月をとうに過ぎている。どうしよう‥。納付書に書いてあった問い合わせ先におそるおそる電話をかけてみた。どうやら納期限を過ぎると延滞金というのがかかるらしかった。うっかりしていた自分が悪い。マサハルは延滞金を含めた税金を泣く泣く納めに行ったのである。


軽自動車税
原付及びバイクにかかる税金で、住所を管轄する市区町村役場から毎年4月1日の所有者へ1年分の納税通知書(納付書)が送付され、納付期限の5月31日までに納めます。
料金については以下の通りです。

[原付:50ccクラス] 1,000円
[原付二種:90ccクラス] 1,200円
[小型:125ccクラス] 1,600円
[普通2輪:250ccクラス] 2,400円
[大型・普通2輪:400ccクラス以上] 4,000円


重量税
車体の重量にかかる税金で、支払いの対象は126cc以上のバイクに限られ、新車購入時や車検の際に所有者の住所を管轄する陸運局へ前納します。
また、126ccから250cc以下の軽二輪については新車購入時のみの支払い、251cc以上の小型二輪については、新車購入時と車検毎に支払う必要があります
料金については以下の通りです。

[普通2輪:250ccクラス] 6,300円
[大型・普通2輪:400ccクラス以上] 5,000円

延滞金
納期内に納付された人との公平を保つために、納期限後に税金を納付する場合に徴収されるものです。
この延滞金は納める税額に、納期限の翌日から納付の日までの日数に応じ年14.6%の割合(ただし、納期限の翌日から1か月を過ぎる日までは、現行4.1%)を乗じて計算した金額です。

なごみ日記 従業員の個性

2007年10月26日(金) 01:02

(今日はちょっと真面目な話です)
 
あなたの職場に「ちょっと変わった人」はいませんか?
ひょっとしたらその人は「発達障害」かもしれません。
 
 
先日、発達障害者の雇用管理について、専門家のお話を聞く機会がありました。発達障害には色々種類があり、その時伺ったある種の発達障害では、周囲とのコミュニケーションが円滑に行えない、という点が雇用管理上問題となる、ということでした。
 
例えばそれは、日本の文化を全く知らないアメリカ人がいきなり我が家にやってきた状態を想像して下さい。そのアメリカ人はずかずかと土足で我が家の今にあがりこんでくるでしょう。でもそれはアメリカでは当然の行為なのです。あなたが「どうして靴を脱がないのか」と怒ったところで、その人にはなぜあなたが怒っているのか全く理解できません。
 
それに似たちぐはぐなやりとりが発達障害者と周囲の人との間では日常的に展開されることになるそうです。
 
それでも職務上何も支障がなく、また発達障害者本人もそのことを苦に感じていないなら問題にする必要は全くないのですが、そうでない場合は放っておけません。
発達障害者には優れた能力を持っている人も多いそうですが(ビルゲイツが発達障害だという人もいるみたいですね)、コミュニケーション不全がその能力の発揮・活用を阻害する原因になっている場合、また、本人が周囲とのギャップに悩んで「うつ」などの二次障害を発症する可能性があるからです。
 
 
問題解決の第一歩は、本人と周囲の人がお互いに「文化の違い」を認識し、それを受け入れることだそうです。
土足で入ってくるアメリカ人には「日本では家の中では靴を脱ぐものです。あなたもここでは脱いでください」と説明してあげることが大事であり、またアメリカ人は自分とは違う日本のやり方があることを認識し、それを受け入れようとする気持ちが必要であるように。
 
 
従業員の能力を最大限発揮させるには一人一人の特性を認識した上で教育訓練等を進めていくことがとても大切です。私はこの発達障害者の雇用管理のお話を通して、そのことを改めて確認することができました。

なごみ日記 成長

2007年10月23日(火) 17:12

しゃべりが達者らしい我が娘。
「わざわざ」「ついつい」などちょっと四歳児らしくない言葉を操ります。
まだまだ可愛いところ(キティちゃんの耳をツノと間違えてたり)はたくさんありますが。

さて先日のこと。
髪を切ろうとした私は娘の強固な反対にあいました。
なんでもかんでもママ(と呼ばれる風貌ではありませんが、私のことです)と
一緒がいい娘は、私にも「髪を伸ばせ!」と強要してきたのです。

絶対にイヤだ!( ゚Д゚)

というわけで「アナタはアナタ、ママはママなのよ」と母親らしく諭す私。
ポカンとした顔をしながらも私の話を聞いている娘。
話しおわると、納得したのか娘はどこかへ。
理解できなくても、

ママは髪を切りたいのよ!!( ゚Д゚)9”

という熱い想いをわかってくれればそれでいい…あれ、娘が戻ってきた
ん?
なにを持って…ΣΣ(゚Д゚;)


ハ、ハサミーー?!


娘「ママが髪切るなら、○○も切ーーろうっと!(*゚∀゚)ノ」

ままままままてーーー!
はやまるな、待てーーー!
ママも一緒に伸ばすから、ちょっと待てーー!(´Д`;)


というわけで、私も髪を伸ばすことになりました。
こんなことをするだなんて成長だなぁ…

といか、親の扱い方をよく分かってるなと感心した日でした。

なごみくんの一生 第11話 マサハル 小学校へ入学

2007年10月19日(金) 12:39

 時は経ち、保育園も無事卒園し、いよいよ小学校へ入学することになった。

 人懐っこく、いつも元気いっぱいのマサハルは小学校に入ってからもたくさんの仲間ができ楽しい日々を送っていた。

 小学校に入学してまもなくおこづかいが舞い込んできた。それは、0歳から加入している
こども保険といわれるもので、一定の年齢に達すると受け取ることができる祝い金である。

 小学六年生の時、マサハルは昼休みに運動場で野球をしていた。
キャッチャー役をしていたマサハルはバッターボックスに立っていた友人が調子に乗り、ブンブン振り回していたバットで頭を強打し入院することになった。頭蓋骨骨折の全治1ヶ月の重症を負ったのである。

 学校側はすぐに親に連絡をし、状況を説明した。両親はすぐさま、病院へかけつけた。
幸いにも後遺症もなく、無事元気で退院した。

 その後、心配していた入院費用も0歳から加入していたこども保険のおかげでほとんど支払わずに済んだ。

 中学校の入学式終了後、ある友人が1年先輩の不良グループに絡まれていた。
正義感の強いマサハルはその子を助けようと一人で挑んでいったのであるが、ボコボコにされた。その上、友人からもありがとうの一言もなく自分自身のやっていることに苛立ちを感じ始め、付き合う仲間も変わっていき、学校では、授業も出ずに遊んでばかりの生活をし始めたのである。

 そして、中学卒業と同時にこども保険の満期を迎え、満期保険金を受け取ったのである。

【こども保険】
 こども保険とはこどもの教育資金、結婚資金などを計画的に準備しながら、親が早い時期に亡くなった場合にも保障をする保険のことです。こどもが被保険者となって、親が契約者になります。子どもが満期時に生きていれば保険金を受け取ることができます。また、子供が一定の年齢に達すると、祝い金やを受け取ることもできます。


【受取保険金の所得税法上の取扱い】
 こども保険から支給される祝い金・満期保険金は一時所得となり所得税の課税対象となります。一時所得には特別控除が50万円あり、受け取った保険金からその保険に対して支払った保険料及び特別控除額である50万円を差し引いた金額の2分の1が課税対象となります。算式にすると以下のようになります。
   {受取保険金−(支払保険料+50万円)}×1/2=課税対象額
そして保険金の収入すべき時期は、実際に支払われたときではなく支払いの事実が生じた日となります。つまり満期保険金の場合は満期日が収入すべき時期となりますので、支払いが年度をまたがる場合には注意が必要です。なお、契約者(保険料負担者)と保険金の受取人が違う場合には所得税ではなく贈与税の課税対象となります。また、入院費用の補填として支払われる保険金は、上記の一時所得には該当せず支払った入院費の額から差し引かれることとなります。

なごみ日記 最高の食事

2007年10月18日(木) 19:47

3年ぶりにちょっとした旅行をした。
しかも、5人で。

朝から夜まで生活を共にすること。


広くて可愛いアパートメントを借りた。
朝起きると、一番早くに起きたN子がコーヒーを淹れてくれていた。
それから、誰がいうわけでもなく、S子はベーコンエッグ、Y子はスープとパン、私は果物とサラダ担当に。
もうひとりは、自炊経験がないので、みんなの後姿をいつものように眺めている。
というかんじで、豪華な朝食が一瞬にしてできあがる。
机いっぱいに配された食事を囲みながら、ずーっとしゃべり続ける。


懐かしい。


学生時代の独り暮らし生活を久しぶりに思い出した。
よくみんなで買出しに行って、みんなで料理をつくったなぁ。


いろんなものをみて、いろんなことがあってすごく楽しかった旅行だけれど、
あの食事が、一番美味しかった。

なごみ日記 たまにはパンでも。。。

2007年10月16日(火) 18:42

数年前、パン作りにハマっていた私。
最近はご無沙汰で、キッチンにさえ立っていません。


先日、吹田に美味しいパン屋さんがあると言うので連れて行っていただきました。
自宅からは少し遠いのですが美味しいものが食べられるというので頑張って足を
伸ばしてみました。
お店はこじんまりとしているのですが、お客さんが次から次へと入ってきています。
想像していたのとは違ってショウケースにパンが並び、店員さんに注文するので
どちらかというとケーキ屋さんみたいな感じです。


私が注文したのは↓↓↓

    
◆栗とオレンジピールのパン            ◆りんご・レモン・さつまいものパン
p_mandarinemalone.jpg  p_fisseldotonne.jpg


本当に美味しかった!!
でも、少し食べ過ぎました。。。


また久しぶりにパンでも作ってみようかな。

忘れた頃にヤスピコ たこ焼きパーティ

2007年10月15日(月) 22:00

税理士法人和(なごみ)の岡本です。


先日、新婚ホヤホヤのTくんの新居にお邪魔してきました。
Tくんがたこ焼き器を買ったというので、急遽たこ焼きパーティをしようということになったのです。
そして集まったメンバーは部屋の広さの都合上4人(夫婦含まず)。しかも異色の珍しいメンバーです。いつも笑っているグループ一の熱血巨人Tくん、若くして自分の主張をもつ、先輩にも厳しい意見をいとわないKさん、入社1ヶ月と少し、最年少ながらしっかり者ランキング上位のOさんです。


お邪魔するとTくんの奥さんは本当によくできた奥さんで、あまりのいたれりつくせりに感動し、非常に気持ちの良い時間を過ごさせてもらいました。
急な思いつきを快く受け入れてくれ、もてなしてくれたTくん夫婦ありがとう!


みんなでワイワイたこ焼きを焼き、
夜は夜景を見に行き、そのまま年甲斐もなく肝試しのようなことをしてはしゃぎました。
巨人Tくんの野生児ぶりにはびっくーりしましたが・・。


みんな仕事も一生懸命、遊びも一生懸命、本当に楽しいメンバーです!


来月はもう一人の新婚さんの新居にお邪魔する予定です。


SBSH0323.JPG

邯鄲の夢 邯鄲の夢

2007年10月15日(月) 17:17

つい先ごろまで残暑も厳しく、まだまだ夏の気配が漂っていたが急に気温も低下し秋らしくなってきた。週末には北海道で初雪が観測されたというのだから目まぐるしい季節の移り変わりようである。それに吊られるかのように政治や経済もいろいろと移ろいがあるようだ。


政治では参議院の与野党逆転、安倍首相退陣と福田首相就任など政策論議の前にバタバタしていたが、やっと落ち着きを見せ始めたようだ。そこで論じられているのが以前からの問題だった「年金」と「給油活動」である。どちらも特に目覚しい進展はないが根の深い問題だから仕方ない。ただ、以前から述べているように年金は今から犯人探しをしても仕方がないし、与党と野党がもめても仕方がない。一致協力して取り組んで欲しい。また、給油については最近になって小沢氏が「国連至上主義」と批判されているが、至上主義でなくても国連決議を得られない行為にどこまで政府が責任をもてるのかを問いたい。「国益」というが国益を重視して旧国連を脱退して悲惨な戦争を行ったのが旧日本政府である。建前であろうと国連という器を使う事によって、それほど悪化させずに同盟国との関係を保てるのではなかろうか。目の前の国益ではなく本当の国益を考えてよく議論していただきたい。


経済では10月に入り様々な商品の値上げが実施されている。個人に影響の大きい食品や光熱費も例外ではないようだ。理由は原材料の高騰である。原油や鉱物といった代表的な資源もさることながら、食料品もバイオエタノールといった新しい利用方法の拡大や消費そのものの拡大、収穫量の減少など複合的な要素によって値上げに結びついている。ほとんどの資源を海外に依存している日本では死活問題となりかねない様相を呈してきている。今は経済大国であることから食料品も大量に輸入できるが、このままでは長い将来に渡ってその地位におれるかも疑問である。そうなると一気に食料品の輸入は減るだろう。その場合には今の1億3千万人弱の人口は維持できないのは明白だ。食糧自給率がおよそ40%であることをから考えれば単純に言って5千2百万人しか維持できないことになる。また、ある適正人口論では江戸時代が最も適正だったとし2千7百万人が限界であるという説もある。いずれにしろ今の人口は多すぎるということだ。少子高齢化による人口減はある意味良いのかもしれない。


暗い話題ばかりでは滅入るので明るい将来の話も1つ。あるテレビ番組で今、海水で育つ稲を研究中の方が出ていた。どうやら重加速機によるイオンビームを稲種に照射して、遺伝子に突然変異を起こさせ塩分に強い稲を作るというもの。それが可能になれば世界の食糧問題は一気に解決するかもしれない。なぜなら食糧生産の大きな問題は真水の確保なのだからだ。世界中にある水分のわずか0.0001%しか人間は使えていない。97.5%といわれる海水が使用可能になれば無限の可能性があると言っても過言ではない。政府には給油や年金だけではなくこのような研究をしっかりとサポートしていってもらいたい。

なごみくんの一生 第10話 マサハル誕生

2007年10月12日(金) 08:32

時をさかのぼること数十年・・・
風薫る5月に一人の男の子が生まれる。
予定日より3日だけ早く産声をあげ、体重2600gの元気な赤ちゃんだ。
この家庭にとって初めての子供であり、名前を「マサハル」と名づけられる。
 
母親は出産の8日前まで仕事をしていた。まわりからは初産でもあるし、せめて予定日の1ケ月前くらいには産休を取るようにと勧められていた。
「そんな悠長なこと言ってられないわ。身ふたつになると、それこそ身動きが取れなくなる。今のうちにできるだけの事はやっておかないと...」
まわりから言われるたび、笑顔でやり過ごしてはいつも心の中でそう繰り返していたのだ。
この母親は日本橋一丁目にある特許事務所で働いていた。
学生時代、タイプ部に所属していた彼女は、特許出願書を作成するというアルバイトで
この世界を知り、以後、弁理士の資格を取って一生の仕事にしようと考えていた。今では大手特許事務所で働くキャリアウーマンである。
 
マサハルの父親は四ツ橋本町にあるメーカーのサラリーマンで、所属は業務品部の主任である。頭は良い方ではあるが出世欲がなく、どちらかと言えば妻の仕事も応援してやりたい、そういうタイプの男性である。
 
この夫妻のもとに生まれたマサハルは、元気に育って生後一ヶ月の検診の日を迎える。
「ミルクもよく飲んで体重も増え順調ですね」
新生児担当医師よりお誉めの言葉をもらって嬉しい母親は、仕事復帰のプランニングを考えねばと思う。出産前に総務課で聞いて調べておいたのだが、出産・育児に関しては様々な給付があるらしい。中でも雇用保険から育児に関する給付金があることは今回、初めて知った。育児休業基本給付金と育児休業者職場復帰給付金である。保育園の空きが出るまではこれらを利用させてもらって頑張ろうと決めていたのである。
 
マサハルが生後6ケ月を過ぎた頃、0歳児から預け入れ可能な認可保育園より入園許可がおりる。マサハルは、布団とミルク缶と紙おむつを従え、ばら組デビューする。
この保育園で月曜から土曜まで、ほぼ毎日休むことなく6年間お世話になるのである。
 
 
 
【育児休業基本給付金と育児休業者職場復帰給付金】

子供の出生後(女性は産後休業終了後)、育児休業がとれるかどうかは、ご自身のお勤め先の会社での雇用形態にもよりますが、育児介護休業法という法律によって育児休業の申請があった場合の会社の義務、育児休業の条件等についてのきまりがあり、子供が1歳になるまでは、お休みすることができます。(保育所待期などの事情により、1歳6ヵ月まで延長できる場合もあります。)
育児休業に関するハローワークからの給付制度として、休業中に支給される「育児休業基本給付金」と、職場復帰して6ヵ月を経過した時点で支給される「育児休業者職場復帰給付金」があります。
それぞれ育児休業期間について、「育児休業基本給付金」は原則として休業前賃金の3割相当額が、「育児休業者職場復帰給付金」は1割相当額が支給されます。また、平成19年4月から平成22年3月末までの間は、「育児休業者職場復帰給付金」が2割相当額の支給になりますので、「育児休業基本給付金」とあわせると休業前賃金の5割相当額がトータルで補償されることになります。


なごみ日記 ついたち餅

2007年10月11日(木) 10:29

みなさまご存じでしょうか?赤福の『朔日餅』。
毎月ついたちにだけ販売しているお餅で、すべてが予約販売!
前の月に予約し、代金も払っておき、当日はお餅を受け取るだけ。
これが結構人気なんです。2月から12月まで毎月変わるのですが、
10月は私の大・大・大好きな『栗』のお餅♪ここ何年かは毎年かかさず食べていました。

しかーし!今年はうっかり、すっかり忘れてしまっていたのです‥。ショック大丸高島屋です‥。
気づいたのは10月1日‥。しかも朔日餅配布場所の向かいに『ずんだ餅』を買いに来ていたのです。
まったく呑気なものです。目の前でみんなが10月の朔日餅『栗餅』を流れ作業のように受取っている‥
「当日販売分って無いですよねぇ?」‥‥とーっても聞きたかったのですがやめました。
ちょうど去年、店員さんに同じようなことを聞いている人がいたのですが
(だめ、だめ。ちゃんと予約しておかないと、ね。また来年だよ‥)と私は心の中でつぶやいていました。

今年は私が『また来年』です。

なごみくんの一生 第9話 なごみ君、パパとなる

2007年10月05日(金) 15:41

 不動産所得税を難なく納付し、一国一城の主となったなごみ君は、仕事に夫婦生活に充実した毎日を送っていた。


 谷町テクノロージーでの仕事ぶりは、社長にも一目を置かれるほどの活躍であった。自らが構築したシステムが、全世界の大企業から注文を受け、海外を飛び回り忙しかった。
 そんな多忙のなごみくんも、出張以外はすぐに家に帰っていた。
できる限り時間を作り、さとちゃんと食事したり、旅行に行って、2人の時間を大切にしていた。


 桜が満開のある日のこと。仕事中のなごみくんの携帯にさとちゃんからのメールが届いた。
「大切な話がある。」いつもとは違う深刻なメールになごみ君は、ビビった。もしや離婚の話!?・・・そんなはずは・・・いつも凛としているなごみ君もその日は、仕事が手につかないぐらい動揺しまくっていた。
まだ新築の匂いが残る自宅に恐る恐る戻ったなごみ君は、すぐにさとちゃんに話し掛けた。
『大切な話って・・・何?』
真剣な顔をしたさとちゃんは、ずっと黙ったまま下を向いていた。
沈黙の時間が数分続いて、やっとさとちゃんが口を開いた。
「できたの・・・」
「んっ!」
「妊娠したの」
「うそ〜」
悪い知らせだと思っていたなごみ君は、見事にさとちゃんの演技にだまされたのであった。少し気持ちが落ち着いてくると、自分の子供ができることの喜びがドンドン沸いてきたのであった!
それからのなごみ君は、生まれてくる子供のために人一倍仕事に励むのであった。
 
 外も涼しくなってきた夏の終わりの休日に、さとちゃんとなごみ君は公園に散歩に出かけた。公園の芝生の上でくつろぐ2人の前に、なごみ君の同級生だった杉子が柔道家の旦那さんと子供を連れて現われた。久しぶりの再会で話がもりあがり、育児の先輩である杉子は、さとちゃんと意気投合!
「さとちゃん、予定日はいつなの?」
「12月24日だけど」
「もしその日に生まれると、扶養が一人増えるから、なごみ君の年末調整のときに還付が増えてお得よ!」
「へ〜」
「後は、家族出産育児一時金というボーナスもあるわよ。今は子供一人に35万円もらえるわよ!ちゃんとなごみ君に会社に申告させるのよ。」
「杉子さん、すご〜い。」
「生まれてからもお得なことがあるの!乳幼児医療費助成制度っていう制度が各都道府県であるんだけど、医療費の自己負担分の一部を助成する制度なの。詳しくは市役所で聞くといいわ。」
「出生届を出すときに聞いてみるわ」
心地よい風が吹く公園の芝生の上で、さとちゃんと杉子の話は尽きないのであった。
 
 秋が過ぎ、暖冬のせいか今年の冬は、いつもより寒くない12月24日。
さとちゃんは、予定日に無事、かわいい女の子を産んだのである。
その時、なごみ君は・・・どうしても外せない仕事があり、出張先のブラジルで娘の誕生を聞き、地球の反対側で、涙するのであった。
 
 新しい年明けは、うっすらと雪のふるなか家族三人で初詣!これからの家族の幸せを願うなごみ君であった。


【年末調整での還付】
年末調整とは、1年間の所得税を計算し源泉徴収された金額との過不足を精算するために
差額を徴収または、嬉しい還付をする手続きをいいます。
年の中途の昇給や扶養家族の増減(なごみ君は、喜びの増加!)、年齢の状況、
社会保険料の支払額や生命保険料の額、配偶者の年収など年末にしか判らない事情を含めて正確な年税額を再計算するため殆んどの場合、天引き(源泉徴収)された税額と差額が生じ精算手続きが必要となります。

【家族出産育児一時金】
被扶養者が妊娠85日以上の状態で出産した場合に一児につき35万円、胎児数に応じて支給されます。(H18年9月30日までの出産については一児につき30万円を支給)
85日以上であれば、生産・早産・死産・流産・中絶は問われません。
申請は出産日の翌日から2年以内に被保険者より申請します。
一時金は被保険者に支給されますので、被保険者の死亡後や退職後の出産に対しては支給されません。また出産する医療機関等での受取代理をすることもでき、出産育児一時金を事前申請することにより医療機関等が被保険者等に請求する出産費用の額から出産育児一時金の額を差し引くこともできます。差額が出た場合、差額は医療機関より請求、または被保険者に支給されます。

【乳幼児医療費助成制度】
乳幼児を抱える家庭に対して、必要とする医療が容易に受けられるよう医療費の自己負担額の一部を助成する制度です。
対象者は各市町村により異なる場合がありますが、大阪府下の場合は
入院医療費…0〜6歳児(小学校就学前)
通院医療費…0〜2歳時
一日につき最高500円(負担額が500円未満の場合はその全額)の支払いになります。
同一医療機関等では二日までは500円を支払うことになり、一月に支払う最高額は1000円になります。別の医療機関にかかった場合は再度支払いが必要です。

なごみ日記 運動会その顛末?

2007年10月02日(火) 10:27


おはようございます!

読者の皆さん、覚えておられるでしょうか?
先週(9月27日)の運動会大好きお母さんの運動会その成果は!

9月30日:日曜日は、なんと『雨』でした!

はりきっていた、保護者リレーにも参加できず
4年連続リレー選手に選ばれていた息子たちの勇士も見れず
初めて、運動会を見に来たお祖母ちゃんも残念??

いえいえ、孫は何でも可愛い!!

急遽、体育館で開催された、団体競技のソーラン節の演技だけで
大喜び!!

お母さんは、小学校の委員らしく雨の中を行事の段取りで走り回って
保護者徒競争を頑張って1位でした。

お昼は、階段校舎(元大学なので:少し懐かしいです)で、子供たちとお弁当を
楽しく頂きました。

食べ終わると、子供たちは校舎内でリレーみたいな鬼ごっこではしゃいでいました。

雨の日の微妙な運動会でしたが、それはそれで楽しかったです。
大会役員の方ご苦労様でした!

運動会大好きお母さんの夫が報告させて頂きました。

邯鄲の夢 邯鄲の夢

2007年10月02日(火) 00:20

先々週はハッピーマンデー制度による敬老の日、先週は秋分の日と月曜日が休日だったため3週間ぶりとなり、10月になった。その間の大きな話題を2つほど。


一番大きな話題はなんといっても安倍首相の辞任と福田新首相の就任である。もう既に辞任表明から3週間を経過したので今更だが本当に前代未聞のタイミングだった。所信表明演説からわずか2日という時間では演説から状況や考えが変わったというわけではなく、麻生氏が言ったようにその前から既に辞任の意向であったということだろう。それならば所信表明演説の前に辞任をすべきだろうに無駄なことをしたものだ。国会の開催も議員の時間も全てただではないのだ。おまけに一国の首相があれだけの演説をした直後に辞任とは政治の信頼も何もあったものではない。閣僚や議員に次々と不祥事が起きるのも当然なのかもしれない。


経済ではまたもや巨額詐欺事件の可能性がある事件が起きた。健康食品販売会社の「エル・アンド・ジー」が会員の協力金(と呼んでいる)に応じて支払っていた配当を停止したどころか、その協力金の払い戻しすら応じないという。それに対する都の調査の呼び出しに幹部が応じなかったため立ち入り調査が行われた。結末がどうなるかはまだ分からないがこの会社の行っていたシステムを見る限り破綻しないほうがおかしい。簡単に言えば、会員は協力金と同額の専用ポイントを1年に一度付与され、同社の市場でそのポイントと引き換えに商品を購入できるというものだ。この時点で既に気づくだろうが1年に一度同額であるから2年経つと倍になる。世の中を見渡してもそんな高率の金融商品は存在しないし、通常の事業でも元手の倍の収益を出し続けるなど至難の業だ。それが分からないのが不思議である。騙された後に多くの人が言うのは『最初はちゃんと配当があった』『騙されるとは思わなかった』だ。最初から多額な投資をする人はいない。だから巧妙な詐欺ほど最初に良い思いをさせてその後に多額な金を騙し取る。また最初から『騙される』と思って金を出す人はいないのだから『騙してない』という風に見せるよう相手はいろいろと偽装する。目先の利益に捉われずよくよくその商品のシステムを見極めることが大切だ。


9月の最終金曜日まではまだまだ厳しい残暑であったのに土曜日には特に東日本で急激に気温が下がった。前日比10数度も下がったところもあった。10月は一気に秋らしくなるかもしれない。そういえば10月はいろいろと変化がある。大阪御堂筋の路上喫煙禁止条例の施行、航空機搭乗時の電子機器の使用制限強化、食品や電気等の一斉値上げなど良いものもあれば悪いものもある。良いことばかりがあるわけはないが、少しでも良いことのほうが多ければありがたい。


カテゴリー

月ごとに読む

過去のエントリー


101dog_weblog_2007_10_index