なごみグループ資産税事業部

相続に関するご案内

HOME / 相続に関するご案内

相続税申告業務

相続税の申告・納付は下図のような流れになっており、その中でも期限付きの手続きがたくさんあります。 また、申告自体も専門的知識が必要となるので、相続税に強い専門家に任せることが重要です。
申告業務の流れ

Q&Aとよくある質問

1. 相続税ってどんな税金ですか?
1. 人が亡くなったとき、その人の財産(遺産)は家族や被相続人により遺言で指定された人に分配されるのが一般的です。 相続税はその分配された財産に対してかかる税金です。
2. 相続税がかかる財産の範囲について教えてください。
2. 相続税は有形・無形にかかわらず、一部の非課税財産を除きほとんどの財産が課税対象となります。 また、被相続人の生命保険金や被相続人が勤めていた会社から支給される退職金についてもみなし相続財産(ただし一定の場合は非課税)も課税対象となりますのでご注意ください。
3. 相続税はどのくらいの財産があればかかりますか?
3. 相続税の基礎控除額は5,000万円+法定相続人の数×1000万円です。したがってこの基礎控除額を超える財産をお持ちの方は相続税がかかる可能性があります。
4. 相続財産は基礎控除範囲内ですが、相続税の申告をしなければならないのでしょうか?
4. 相続財産の評価額の合計が基礎控除額以下であれば、相続税申告の必要はありません。 ただし、基礎控除を上回った場合にも配偶者に対する相続税額の軽減や小規模宅地等の減額特例などの控除を受けるときは、相続税がかからなくても申告をして控除を受ける申請をしなければなりません。
5. 相続税の申告と納付はいつまでにすればよいですか?
5. 相続の開始があったことを知った日(通常は被相続人が亡くなった日)の翌日から10ヶ月以内に申告・納付をしなければなりません。
6. どんなときに贈与税に注意すればいいですか?
6.贈与税は個人からお金やモノなどの財産をもらったときに、もらった人が納めなければならない税金です。ですから、住宅などの名義を変更する場合や、家族間での借入れや財産の譲渡、後継者への生前贈与などには注意が必要です。
7. 何から手をつけてよいのか全く見当がつかないのですが?
7. まず財産・負債を洗い出し、すぐに専門家に相談してください。相続に関しましては、場合によっては必要となる期限付きの手続きがたくさんありますので、早めに申告の準備をすることが重要です。
8. 顧問の先生がいますが、相続税だけ別の先生に依頼してもよろしいでしょうか。
8. 医療の世界では、専門の分野がはっきりと分けられています。現在、税務の世界でも専門化が進んでいます。法人を得意分野とする税理士さんに相続税の申告書を作成してもらうのは、内科のお医者さんに手術してもらうのと同じくらい不安を抱かれるものでしょう。相続を得意分野とする税理士にご依頼ください。
9. 依頼すると費用はどれくらいかかるの?
9. 当税理士法人では、相続開始から申告までのフルサポートサービスをご用意しております。(特殊事情がある場合に多少金額が変動することがありますが、金額に変更がある場合は事前にお伝えしますのでご安心下さい。)
10. どこまで手伝ってくれるの?
10. 税務に関することであれば、私たちにおまかせください。また、対処できない問題が発生いたしましても、私たちのネットワークを活用して問題解決を図ります。 ネットワークには、弁護士、司法書士、行政書士、不動産鑑定士などのプロフェッショナルが揃っておりますので、ご安心ください。
11. 近畿圏及び東京都以外に住んでいますが、遠方から頼むことはできるのでしょうか?
11. 申し訳ございませんが、遠方のかたに関しましては、ご来所いただくか、別途交通費等の費用を頂く事になります。